女性が求める「思いやりのある」男性になる。中高年の恋愛

女性と長くお付き合いのできる男性の多くは、女性に対しての思いやりにあふれている方です。

しかしながら思いやりのある行動と言うものが今一つピンと来ないという男性も世の中にいらっしゃいます。

熟年離婚で最も多いのが性格の不一致と言う理由ですが、その中には奥様に対する思いやりが足りないせいで愛想をつかされてしまう男性も多いです。

今後の人生において、素晴らしい恋愛パートナーと出会えても、相手に対する思いやりが無いためにすぐに関係が破綻してしまうのは勿体ない事ではないでしょうか。

今回は男性にとって女性から愛されるために必要な「思いやりの心」について学んでいきましょう。

そもそも思いやりの心って何?

思いやりの心のある、思いやりの心が無い。

何となくイメージはあるものの、具体的に何をすればいいのかと言われると中々難しい事かもしれません。

思いやりのある行動とは、簡潔に言葉で説明すると「他人の立場に立って物事を考えられるか」と言う事ではないでしょうか。

自分の言動が、相手の立場に立った時に、相手がどう受け取るかと言う事を考えた事はありますか?

もしかたら、自分の物言いは相手の立場に立つと、相手の心を傷つけるものになっているかもしれません。

自分の行動が相手の心情をしっかりと考慮できているか、相手の立場になって物事を考える事ができるようになるのが「思いやりの心を持つ」ことのゴールなのです。

常日頃から、そのような視点で物事を考えられる人は思いやりのある人と言えます。

物事を多角的に見る事ができ、自分だけの視点にならず、自分本位の考え方をしない方が、思いやりのある行動がとれています。

貴方は大丈夫でしょうか?

パートナーが困っている時、相手に対してちゃんと共感の心を持てていますか?

思いやりがモテない人、周りに無関心になっていませんか

「思いやりがある」という事は、相手をよく見ていなければできない事です。

パートナーが困っている時、どうすれば相手を助けてあげる事ができるでしょうか。

それには相手に興味を持ち、相手の考えなどを推察する事が必要です。

ですので、常に自分の周りの親しい人に対して、貴方は興味を持っていなくてはいけません。

周りの事に無関心でおり、自分の事ばかりに関心が向いている人は、自己中心的な言動をとるため、パートナーから見たらウンザリするほど思いやりが無い傾向が強いです。

自分ばかりが大切で、自分ばかりが得をしたい、損をしたくない「俺が、俺が、俺が!」と自分の事ばかり考えていませんか。

普段から、自分の事ばかり考えているなら注意

思いやりのある行動との制反対の行動は、「自分事だけを考える」と言う行動です。

普段から無自覚に、自分事しか考えていない男性は多いです。

例えば、パートナーが風邪で寝込んでいるとしましょう。

その時に貴方は大事なプレゼンが控えている時、「風邪をうつさないでくれよ」と思う事はあると思います。

思いやりのない方の場合は、「俺に移すなよ」と、それをパートナーに伝えてしまい、さらには看病もせずに自分は一人で過ごそうとします。

このような行動は、自分の事だけを考えているという事になります。

ご自分の場合はどう行動されるでしょうか。

少し頭の中でシュミレーションしてみてください。

自分の状況や都合の事しか頭の中に浮かばない場合は、「思いやりのない」人になってしまう可能性が高いと言えるでしょう。

思いやりのある行動をとる場合は、内心では風邪をうつされたら困るなと思うかもしれません。

ですが、パートナーの体調を心配し、心配の言葉を掛ける、そして看病までできれば満点です。

看病が出来なくても「大丈夫?」「病院に連れて行こうか?」と言うような声かけをするだけでも、相手は貴方の思いやりの心が通じます。

思いやりの心とは、自分の事しか考えていない視点を少し変えて、相手の気持ちになってみる事です。

相手の立場に立ってみれば、風邪で具合が悪くて辛いのだろう、家事をする事も出来ないから変わりに自分がやっておこう、辛いなら病院に連れて行ってあげよう、と言うように相手にしてあげる事が見えてきます。

自己中心的になっていないか振り返る事が大切です

自己中心的な人と言うのは、その自覚症状が欠けています。

そのため、ご自分が自己中心的な行動を取っているかどうかについて無頓着である事が多く、自分では気づきにくい事かもしれません。

ですが、今日一日と振り返り「相手の立場で考えてみる」と言う事をしてみてください。

パートナーの事を良く観察し、相手が何を望んでいるのか、どのような気持ちになっていたかを夜寝る前に考えてみるのです。

今日一日自分はパートナーに対して親切に接していましたでしょうか?

自分の事ばかり考えていませんでしたでしょうか?

一日中自分の事しか考えていなかったなと思ったら、明日は少しパートナーの事を考えて行動するようにしてみましょう。

今までの性格をがらりと一気に変える事はできません。

少しずつ毎日ちょっとづつ、相手を思いやれるようになっていければ上々です。

日々のトライ&エラーを仕事上ではできるのですから、ご自分の行動を変えていく事もできるはずです。