一生独身が怖いのは何故?不安を解消して婚活を成功させる方法

婚活をしても、なかなかうまく行かないとふと頭の片隅をよぎる不安。

「一生独身かもしれない、どうしよう…。」

なかなかデリケートな悩みなので、相談できず、一人で不安を抱えているかもしれません。

何故、自分だけパートナーに出会えないの?何故こんなに怖いの?考えれば考えるほど疲れてきますよね。

婚活がうまくいかないのはどうしてでしょうか。ここではその原因を探ってみましょう。

また、どうしたらうまくいくのか、孤独や不安との向き合い方をご紹介します。

その不安を少しでも解消できると幸いです。

目次

何故独身だったら怖いのか

同年代の女性には、一生独身かもしれないことに不安を感じない人もいます。

そういった人の方が、案外あっさり婚活に成功していたりするから不思議ですよね…。

「一生独身だったら怖い」と感じるのは何故でしょう?

経済不安と解消法

圧倒的に女性に多いのが、経済不安ではないでしょうか。

このままの経済状況だと、生活苦になるのは目に見えている…。追い詰められた状況から、誰かと一緒になってお金の不安から逃れたい。

男女平等と言いながらも、まだまだ女性の待遇の方が悪いという現実があることは否めません。

生きるという本能が「一生独身だったら」死ぬかもしれないという不安に繋がっているのではないでしょうか。

「婚活」での意識を変えてみる

経済的不安は、自分でも経済力をつけたら、婚活がうまくいかなくてもそこまで不安を感じずに済むのではないでしょうか。

しかし、超ド級の不景気真っ只中。すぐに経済アップすることは難しいでしょう。

その場合、婚活での意識を少し変えてみてください。

今は、男性も経済的に逼迫していて、結婚を諦めている状況だったりもします。

ここは、二人で力を合わせてみる、という方向で考えてみては如何でしょう?

全て相手の経済によしかかるのではなく、出し合って協力して暮らして行くという姿勢で婚活してみてください。

ちなみに大学生が垣間見た、パワフルな女性は…。

デパート等で働く派遣の方々には

独身やバツイチの方が多かったです。

仕事の掛け持ちや中古のマンションなどを所有して、

老後に備えていましたよ。参考

など、事前に準備をしておくのも不安の解消方法です。

孤独死の不安と解消法

女性だけではなく、孤独の問題は男性にもあります。男性の多くがこの孤独死の不安から、独身を怖がっている傾向です。

確かに、なかなか他人と疎遠になっている現代では、オンライン上では暖かい人間関係を築けているように感じても、実際には孤独のことがほとんどでしょう。

このままだと、倒れても発見されないのではないか…そんな孤独死の不安が不安が過ぎっても仕方ありません。

その不安から、このまま「一生独身だったら」という不安を抱く人が多く存在するようです。

普段から「孤独」過ぎない生活をする

この解消には、友人や家族とコミュニケーションをしておくなど、普段から孤独過ぎないようにしておくことが必要です。

ですが、家庭の事情や状況で、頼れる人はいない…。それなら、職場やバイト先、習い事など、人が集まる場所でコミュニケーションを取るようにしてください。

ご近所さんと挨拶をする、些細なことから、できる限りオンライン以外で繋がれる人と、一瞬のコミュニケーションをしておくことをオススメします。

もちろん、その上で一緒に人生を歩める、パートナーを見つけること。

不安だけで相手を探すと、目も曇り良縁を逃してしまう可能性がありますので、無理ない程度で交流しておくようにしましょう。

婚活がうまくいく方法は?

そもそも婚活がうまくいかないから「このまま一生独身だったら…」という不安になっている状況。

しかし、長期に渡って婚活をしていても、なかなか成果に繋がらない人は多くいます。

何故、婚活をしてもうまくいかないのでしょうか。

もしかしたら、その婚活方法が、難易度の高い方法や間違っている方法なのかもしれません。

例えば…

自分を見直す

婚活する上で、高すぎる理想や条件はありますか?

若くなければ嫌だ、イケメン・美女出なくては嫌だ、年収が高くなければ嫌だなど、相手に対して厳しい条件を持って居ませんか?

自覚している男性のこんな声がありました…。

彼女ができません。出会いもありません。このまま歳を重ねて一生独身が怖いです。彼女が欲しいのに理想は高いです。参考 

もし高い条件に当てはまる相手じゃなければ、一生独身で良い!そう腹をくくっていなければ、一緒に居て「変わるもの」より「変わらないもの」を見るようにしましょう。

年齢や見た目はどうしても変わります。年収も状況次第でゼロになる可能性もあります。

その時、支えになるのはその人の人間性。変わらない人間性でまず判断しましょう。

誰かと一緒に居るということは、妥協ではなく、お互い譲歩することで成り立っています。

厳しい条件に関しては、人間性を見てから考えてみてください。

投げ出さない

あまりにも婚活がうまくいかないと、もう止めようかな…と思ってしまうことでしょう。

婚活に疲れた男性からのお悩みです。

婚活でお見合い始めて3ヶ月。

20連敗中という悲惨な結果です。

毎週やってますが、もううつになりそうです。

やめた方がよいでしょうか?

でも止めたら一生独身決定となりそうで怖いんです。

何と答えた男性はこんなツワモノでした。

自分は5年婚活して100連敗以上したが今は既婚男だ。参考

101回目のプロポーズなんて目じゃないようです。

元気になりますね。これを励みに、投げ出さずに根性持って婚活しましょう。

だって、この先一生一緒に居るつもりの相手を探すのですから。

婚活場所を見直す

今までうまくいかなかった、苦い婚活は、どこでしていましたか?

若い世代ばかり集まるところや、美女が集まる婚活、ハイステイタスの男性限定など、強敵だらけで不利になる婚活をしていませんか?

また、社交的ではないのに、パーティー形式でコミュニケーションを取らなくてはならない、婚活する場所ではないのにアタックしているなど、場違いな場所でパートナーを探していませんか?

もしそうであれば、なかなか婚活がうまくいかないのも頷けます。

年代が合った場所

婚活するには、自分と年代が近い場所で相手を探した方がうまくいきます。

もちろん、10歳以上年齢が離れた相手とゴールインすることもありますが、それは稀。

もし、若い人狙いでうまくいかなかったのであれば、同年代で話が合う相手を探してみてください。

目的が合った場所

また、婚活しているのに音楽イベントやバーなど、「結婚」から遠い場所で相手を探していませんか?

趣味のサークルや取引相手などにグイグイ迫っていませんか?

相手は結婚相手を探しに来ているわけではないので、どんなに迫ってもなかなかうまくいきません。軽い人だな、と思われるならまだしも、鬱陶しい人になってしまうかも。

もしその方法でパートナーが見つかるのであれば、もう見つかっているはずです。

お互いの目的が「結婚」である場所で婚活するようにしてみてください。

なかなか婚活がうまくいかない人にオススメの方法

ではどこで結婚相手を探したらいいのでしょうか?

ポイントは

  • 年代が近い人が集まる場所
  • 目的が結婚であること

これを踏まえてみて行きましょう。

マッチングアプリ

マッチングアプリは、オンラインの交流なので、どこに居ても時間を選ばずにできる婚活方法です。

自分の条件や相手の条件をあらかじめ入力して、検索できるので、最初から条件に合わない相手とは出会いません。

また、手軽なので利用している人も多く、マッチングしやすいのでオススメの方法です。

婚活パーティー

対面で相手を見ることができるパーティーなどのイベントは、後から何か違った…ということも少ないのが利点です。

ですが、短い時間でコミュニケーションを取らなくてはならないので、社交的ではない人には少し不利。

第一印象で決まる、と言っても良いので、外見や

コミュニケーションに自信がある人にはオススメの婚活方法です。

紹介(お見合い)

孤独死の不安を解消するために、周囲の人間関係とコミュニケーションをとっておくことをオススメしました。

そのついでに、誰かいい人が居たら紹介して貰えないか、声をかけてみてはいかがでしょう。

仲の良い友人や、家族の紹介であれば、そこから絆も深まり家族ぐるみでの付き合いに発展したらラッキー。孤独死の不安から、解消されます。

結婚相談所

結婚相談所は、自分に合った相手を紹介してくれるので、自分で探すのに疲れた人にオススメです。

相談所にはスタッフが常駐して、アドバイスをくれるところもあるので、優柔不断な人にも向いている方法です。

費用がかかりますが、そのぶん必死さも違うので、試してみてはいかがでしょう。

孤独との付き合い方

婚活は時間と気力がかかります。人生を歩む相手を探すのですから、当然といえば当然ですが…。

相手に出会う前に、孤独や不安に押しつぶされてしまっては意味がありません。

孤独と上手に付き合って、最良の相手と出会ってください。

孤独の時間に自分を育てる

孤独は自分を育てます。今不安な時間を使って、資格をとる、趣味をはじめてみる、バイトをしてみる、体を鍛えてみてはいかがでしょう。また、ひとりの時間に好きな映画や本、料理やワインを楽しむなども、心のゆとりに繋がります。

資格はスキルアップになりますし、趣味は心を豊かにします。また、バイトは懐をあたためますし、体を鍛えたら健康という財産になります。

ひとりだからこそ楽しめることで、プラスになることを始めてみましょう。

自分の将来に見えない鎧を纏えたら、不安の解消にも繋がるのではないでしょうか。