再婚で考えられるリスクとは?|事前に知れば対処できる大人世代の結婚

巷では40代からの婚活などが活発になっており、男女ともに中高年からの出会いにむけて、沢山のサービスが増えてきています。

40代からのお見合いパーティー、40代限定婚活パーティー、中高年向けお見合いバスツアーなどなど、昔に比べて婚活業界そのものが、50代以上の方の再婚をフォローアップする空気があります。

婚活はいつの年齢になっても気軽に始められるようになりましたが、だからと言ってただの気分や何も考えずに始めるのはあまりおすすめできません。

中高年の再婚は、若いころのように、相手に対する好意の感情だけや、その場の勢いだけで押し切るのは考え物です。

熟年再婚は幸せになるためにするものですので、その前にどのようなリスクがあるかをしっかり把握してから活動するのが賢い大人の行動と言えます。

今回は幸せに水を差すような内容になってしまいますが、知っておきたい熟年再婚のリスクについていくつかご紹介いたします。

目次

 

中高年の再婚で子供が欲しいかどうか…相互理解の問題

婚活をして出会う相手が自分と同じ考えで、同じような将来のビジョンを持っているとは限りません。

ご自分が40代の女性で子供を求めており、新しいパートナーが50代男性で子供を求めていない場合など、子供に対する考えの違いは若いころの結婚では考えなくてもよかった点でも熟年再婚では考えおかなくてはいけません。

中高年になってからの再婚では、特に男性と女性とでは、実際のところ出産に対する意識に大きな隔たりがある事を知りましょう。

女性が再婚をする場合、子供を産みたいという目的がある事を、再婚活動をしている男性は知るべきです。

女性は再婚をする男性が子供を求めていない場合があることを知りましょう。

再婚をしてパートナーと結婚し、今から子供を産み育てる時に生じるリスクは、喜びという感情を前にして、現実的な時間とお金の問題になります。

子供を大学にやるときに自分たちは果たして会社に勤めているのか、経済的に安定した立場にいるのか、本当に子供を責任もって育てられるのか、そこまで未来を考えて本当に子供が欲しいのか。

今の勢いや、女性としての本能だけで産みたいと思っているだけなのか、この事について男女ともに同じ方向を向いていないと、結婚した後離婚のリスクが高まります。

お互いの人生プランについて、しっかり話し合いをする事が熟年再婚では結婚、入籍前に必要な事になります。

このような事は若いころの結婚では必要のない懸念事項です。

再婚相手が子供に養育費を支払っている場合のリスク

中高年世代の再婚では、離婚経験者が多く、前妻との間に子供がいる男性が婚活している場合も多くみられます。

このような場合、出会ったパートナーが今もまだ前妻との間に養育費を支払う義務があり、再婚しても経済的に安定していない可能性のリスクもあります。

また、パートナーが子供に会うために前妻と頻繁に連絡を取り合っている場合もあり、再婚しても前妻との間でやり取りがある夫に対して落ち着かない心境になるという話も良くあります。

このようなリスクが再婚にはつきもの。

子供がいるのであれば養育費の有無の確認と、子供と今どのような距離にいるのか、定期的に前妻と会う予定はあるのかなど、事前の確認と話し合いが必要になります。

再婚ではこのような事も考慮する必要があるのが、若いころの結婚ではなかったリスクともいえるでしょう。

パートナーに連れ子がいる場合の、養育のリスクについて

また、女性側に子供がいて再婚時に自分の養子にする場合、連れ子の養育をする必要が発生します。

相手の子供をどのように面倒をみるのか、金銭的な負担はどの程度なのか、自分の人生プランに今までなかった「子育て」が急に発生してくるデメリットもあります。

子供を大学に入れたいとパートナーは考えている、それを自分が支払うべきなのか、などお金の問題も出てきます。

大学入学に必要な金額は平均して500万ほど。もしそのお金を自分の老後のために貯めていたのに、赤の他人である連れ子に使う事になるのだろうか?

そのような現実的な金銭面でのリスクがあります。

再婚は、自分とパートナーだけの問題ではなく、それを取り巻く家族との付き合いが生じるリスクがある事を良く考えてください。

相手の女性がとても素敵で一緒に居たいと考えプロポーズをしたいが、未成年の連れ子がいるのでどうしても踏み切れないなどのシーンが今後出てくる可能性もあるのです。

歳の差婚のリスクについて、男の包容力を期待するリスク

若いころの結婚と違う点は、男性と女性の歳の差婚が多いという事。

女性40代、男性50代などの10歳以上の歳の差婚や、女性40代、男性60代のような場合もあります。

歳の差婚が多い理由としては、女性側が出産を考慮する必要がなく、男性との歳の差について若いころよりも寛容になっている事が理由です。

しかしながら、歳の差婚をする女性の多くは、男性側に包容力を求める傾向にあります。

自分よりも10歳以上も年上なのだから、私のワガママぐらい受け止めてくれるだろうと無意識に感じているため男性に対する包容力を常に期待されてしまいます。

ですが、男性側はその意識が薄く、女性から求められる「尊敬できる男性像」を演じ切る事ができないという事があるのです。

若いころほどシビアに年齢制限を求めない傾向にありますが、それでも歳の差婚をする場合、男性側はいつまでも女性から包容力を求められる可能性が高い事を知っておきましょう。

 

いかがでしょうか。

再婚のための活動に行動を起こす前に、考えられるリスクを知っておきましょう。

リスクを知らないまま活動をし、いざ入籍のタイミングで「こんなはずじゃなかった」と後悔しないために、皆さまも事前にしっかりリスクを把握したうえで、幸せのための再婚活動を開始してください。