【熟年向け】再婚したい熟年にオススメの婚活は?結婚相手に出会う方法

熟年で再婚したいと思っても、どうやって相手を探したらいいかわからない、という人が多くいます。

確かに熟年になると、20代30代のような出会いはないかもしれません。ですが、熟年には熟年の婚活方法があります。

結婚を目的とした場所で探すほうが、再婚相手に出会いやすくなりますし、時間も浪費しません。

ここでは再婚相手が見つかる、熟年の婚活方法を厳選して紹介しています。

熟年で幸せになるために気をつけたいこと

これからの人生を共にするパートナーに出会うために、再婚相手を探す際の注意点を考えてみましょう。

  • 金銭面だけではないか
  • 健康不安だけではないか
  • 寂しさだけではないか

これらを埋めるためだけに婚活すると、相手を判断する目が曇ります。相手を見ずに、この不安要素を解決するためだけに再婚しようとしても、心が無いことは相手にも伝わりやすく、失敗してしまう可能性があります。

幸せになるためにも、本当に再婚したいかを自分に問い、相手の人生に寄り添うように心がけましょう。

熟年再婚で悩みがちなこと

熟年再婚で迷いが生じてしまう悩みとして、次のようなことがあります挙げられます。

  • 子供の気持ちを考えてやめる
  • 介護問題が心配

こういった悩みから、幸せになることを自ら遠ざけてしまう人がいます。心当たりはありませんか?

ですが、このまま一人で居ることに、子供が心配するかもしれません。まずは子供と話合い、この先の人生を相談してみてはいかがでしょう。

介護問題には、相手の親の介護、相手の介護、自分自身の介護など様々な悩みがあります。介護は歳を重ねれば、誰にでも起こりうる問題。再婚は一人ではできませんので、相手の人とよく話あいをして不安を解消して行きましょう。

人生は一度きり。心から笑いあえるパートナーと一緒なら、幸せは倍に、悲しみや苦しみは半分になります。

再婚したいと思ったら、まずは素敵な相手との出会いを見つけに行きましょう!

 

再婚に向けた熟年の婚活方法は?

熟年が再婚相手を探す場合、結婚を目的とした場所で探しましょう。最も適しているのは、次の3つです。

とにかく出会いの幅が広い「マッチングアプリ」

インターネットでの出会いの場は、熟年層には、あまり馴染みがないかもしれません。ですがマッチングアプリを利用した出会い方は、若い世代だけではなく、中高年、熟年の間でも徐々に広がりつつあります。

「良くわからないし」と、苦手意識があるかもしれませんが、うまく利用すると出会いに繋がりやすい、現代の婚活の手段です。

マッチングアプリで再婚相手を探す場合、利用する前に、次の2点を確認しましょう。

  1. 独身者が利用するマッチングアプリかどうか
  2. 熟年層が利用するマッチングアプリかどうか

再婚相手を探しているのに、既婚者の人に出会ってしまうとトラブルのもとです。

巻き込まれている間も、時間はどんどん過ぎて行き、残るのは疲労感。熟年で、不快な経験はもう必要ありません。

未然にトラブルを回避するためにも、独身者のみが利用できるマッチングアプリを選びましょう。

また、熟年層が利用しているマッチングアプリかどうかも、再婚相手を探すには重要な点です。が

何故なら、自分の子供のような年代ばかりが利用しているアプリに入会しても、再婚相手には巡り会えないからです。自分の年代周辺が利用するアプリで相手を探したほうが、出会える可能性はグッと高くなります。

インターネットでの出会いは、時間や住んでいる地域を選びません。雨の日でも、億劫な日でも自宅に居ながら気が向いた時に、相手を探すことができます。

条件に合う人を全国から探すことができるので、出会いの幅が広く、気の合う人を見つけやすいので、これを機会にマッチングアプリで再婚相手に出会ってみてはいかがでしょう。

会話や雰囲気から選べる「婚活イベント」

熟年の婚活は、今や地域をあげて応援しています。自治体が行っている婚活イベントへ参加するのも、有効な手段です。

お互い対面して、交際相手として良いかどうかを判断できるので、色々な人とコミュニケーションを取りたい人に向いています。

婚活イベントへ参加する際には次の3点を確認しましょう。

  1. 開催地区が自分の対象であるか
  2. 自分の年代が対象であるか
  3. イベントの趣向に興味があるか

自治体が行っているイベントですから、住んでいる地区を限定していることがあります。自分の住んでいる自治体で行っているイベントへ参加するようにしましょう。

地域を限定していない場合、出会って移り住む気があるのであれば、足を運んでみるのもオススメです。

また、年齢を制限しているイベントがほとんどですから、熟年に向けて開催しているイベントを探しましょう。開催数が少ないので、マメにチェックしておくことをオススメします。

イベントの趣向も様々で、畑へ出向いたり、アウトドアを楽しんだり、パーティー形式だったりと様々あります。自分の趣味趣向に合ったものに参加して、楽しんでみましょう。

あまりにも興味のないイベントに参加してしまうと、つまらないという雰囲気が出てしまい、魅力も半減してしまいます。せっかく参加するのに、いい人に出会えないまま終了することもありますから、自分が楽しめそうなことに参加してみてください。

開催情報は、主に住んでいる地域の広報誌やインターネットからも検索できますので、対面で相手を探したい、という人は参加してみてはいかがでしょう。

結婚を前提に見極められる「結婚相談所」

結婚相談所は、スタッフの人が自分見合った人を第三者の目から判断し、紹介してくれます。

利用する人の目的は皆結婚ですから、まとまれば結婚前提とした付き合いがスタートするので、無駄がありません。

結婚相談所を利用する前に、次の2点を確認しましょう。

  1. 熟年に向けたサービスがあるか
  2. 成婚料金など、入会後にかかる費用はどのくらいか

結婚相談所は数多くあるので、まずは熟年に向けたサービスがあるかどうかを確認しましょう。中高年や熟年を専門にしている結婚相談所を利用したほうが、年代が近い人が多いので、成婚しやすくなります。

また、結婚相談所は入会金や紹介料金など、各サービス内容によって費用が変わる所がほとんど。月々かかる会費や、紹介ごとにかかる費用、成婚したらかかる費用など、入会時以外にかかる費用を把握しておきましょう。

自分の生活に無理のかからない範囲で婚活するようにしてください。

結婚相談所はスタッフがクッションになってくれるので、腰が重い人や相談したい人、優柔不断な人にオススメな婚活方法です。

熟年の再婚を現実にするマッチングアプリ|シニアフレンド

「シニアフレンド」公式サイトTOP

シニアフレンドは、再婚したいと思う熟年の願いを叶えるマッチングアプリです。

熟年層で再婚相手を探すのに適している点として、

  1. 熟年層同士が出会いやすい
  2. 既婚者は利用できない

ことが挙げられます。

18歳、20歳以上から利用可能なマッチングアプリが多いなか、「シニアフレンド」では中高年・熟年の年齢層を保つため、30未満の利用をお断りしています。これにより熟年層同士が出会いやすくなっています。

また、利用する人は独身者のみに限定。既婚者の利用はできません。これによって、真剣に出会いを探している人だけを集めていますので、結婚や再婚を意識した人も多くなっています。

マッチングアプリと聞くと、使い方に不安を感じるかもしれませんが「シニアフレンド」は、熟年でも使いやすいように、シンプルで単純な仕様になっています。簡単な操作で、希望の相手を探せる検索機能や、ワンタッチで相手にアプローチする機能などが充実。

外に出るのが億劫でも、自宅で婚活できる「シニアフレンド」で、素敵な再婚相手と出会いましょう!

「シニアフレンド」公式サイト

https://seniorfriend.jp/