中高年世代の結婚は、現実的に考えたほうが成功する!

晩婚化が進む日本。中高年で初婚の人も増えてきています。中高年での結婚は難しいと言われていますが、そんなこともありません。ですが、夢や理想だけで突っ走れる年代ではないので、少し現実的に中高年の結婚を考えてみましょう!

 

生涯未婚率から現実をみる

日本の生涯未婚率は上昇傾向にあります。

生涯未婚率とは、一度も結婚をしないまま50歳を過ぎた人の割合のこと。

2015年で見てみると、

男性 23.6%

女性 14.1%

となっています。男性はおよそ4人に1人、女性はおよそ7人に1人が生涯未婚率に当てはまります。

 

これが日本の結婚の現実!

現在の日本において、生涯未婚率はどうなっているのでしょう。ここには驚きのデータが。

 生涯未婚率は上昇傾向にある

1980年代は生涯未婚率が5%未満でした。それが1990年代から急激に上昇し、2005年・2010年・2015年にかけて、何倍にも増え続けています。これは低下するとは思えず、生涯未婚率はさらに上昇していくと予想されます。

 

 生涯未婚率は何故上昇したか

生涯未婚率が急激に上昇した理由のひとつに、周りからのサポートが得られないことが挙げられます。以前は独身の人を見つけると、お見合いをすすめてくる世話好きの人がいたり、上司からお見合い話をされたりすることもありました。

しかし、時代の変化とともにそうした慣習は嫌厭される傾向に。また、様々なハラスメントが騒がれるようになり、独身の人がいても結婚の話題を振っていいのか気にしてしまい、そっとしておくのが気遣いのうちに入るようになりました。

また、未婚の人が増えてきたことで、生涯独身でいることがとくに珍しい時代でもなくなってきたことも理由のひとつ。女性の社会進出により、女性は結婚しなくてはならない、女性は結婚しなければ生活できない、という古い考え方に変化が出てきたことも挙げられます。

更に一部を除いて続く不況と、非正規雇用の増加も、結婚をして子供を育てる余裕がないことも生涯未婚率に拍車をかけていることは、否めないでしょう。

 

政府が表現を改定!

政府は「生涯未婚率」という表現から変更し「五十歳時未婚率」に統一。その理由として「五十歳以降は結婚できないのか」といった意見を受け、「生涯」という言葉は正確性を欠くと判断したそうです。更に政府が刊行している一部の白書で「生涯未婚率」の言葉を使用中止しました。

そうなんです。生涯という言葉は正確性を欠くんです。何故なら…

 

中高年で初婚が増えている!

中高年になると再婚が多いと思っていませんか? バツイチが多いと思うでしょう。確かに離婚歴、死別歴のある人も居ますが、実は意外と初婚も居ます。この10年で中高年の初婚は増えつつあります。

その背景には、中高年の意識の変化が挙げられます。昔ほど世間体を気にしなくても良くなり「この先の人生をどう豊かに楽しく生きるか」を最優先に考える人が増えたこと。晩婚化が進んだことで、初婚が増えたことなども、ひとつの理由でしょう。

 

中高年で結婚したいと思う理由

今まで独身だったからといって、結婚を全力で拒んでいたわけでもありません。中高年も結婚したい、誰かと寄り添って生きて行きたいと思っている人も沢山います。

 

心の安定から

誰かと一緒に居ることは、孤独を解消してくれます。リタイアして老後ひとりで居ることが増えれば、孤独を感じることも多くなってくるでしょう。その時にパートナーが居ると、話をしたり、旅行に行ったり、趣味などを一緒に楽しんだりできます。好きな人と一緒に居る喜びは、心を豊かにして、安心感を得ることができるでしょう。

将来の不安から

定年を迎えても、働き続けなくてはならない今の日本で、ひとりで生きて行くのは至難の技。お互いに働けば、家庭の総収入は増えるので、老後の蓄えや万が一の不安を解消できます。お金のために結婚する事はオススメできませんが、余裕が生まれるのは大切なこと。

また、中高年になると身体的にも衰えを感じてきます。もし倒れたら? 救急を呼んでくれる誰かがいる事は、心強いこと。

二人力を合わせて楽しく暮らせば、様々な不安も分かち合って、軽減することができます。

周囲を安心させたい

ひとりで居ることを、周囲の誰かが心配している可能性があります。うるさいと感じるかもしれませんが、あなたを心配するあまり、つい「いい人居ないの?」のような言葉を口にしてしまうのかもしれません。

素敵なパートナーに出会い、幸せになることで周囲が安心するのなら、こんないいことはありませんよね。

環境が落ち着いた

中高年になると、介護の問題なども降りかかってきます。看病や介護に追われていたら、自分のプライベートどころではありません。また、小さな子供を持つシングルマザーやファザーの場合、育児に追われて恋愛どころではない場合も。

ようやく落ち着いた頃には、中高年の年齢になっていても不思議ではありませんよね。それなら次は自分の幸せのために、誰か素敵な人と居たいと思うのは当たり前のこと。

心の整理が着いた

中高年になると、様々な事情を抱えていても不思議ではありません。離婚や死別などで、深い悲しみに暮れていることもあるでしょう。ようやく心の整理がついたなら、素敵なパートナーを探してみても、良いのではないでしょうか。

 

中高年にはどんな出会い方がある?

せっかく前向きに恋愛する気持ちになったものの、中高年には出会いがないと諦めてしまう人も多くいます。ですがそれは大きな誤解。確かに若い頃よりは少ないものの、中高年に出会いが全くないというわけではありません。中高年の人たちが、出会い方を知らないだけなのです。

コミュニティーに参加する

定年をしていてもしていなくても、社会と関わりを持つことはとても重要。これは出会いを求める目的だけではなく、自分自身の心と身体の健康のためにも言えること。コミュニティーに参加することで、恋愛だけではなく気の合う友人に出会う可能性もあります。その友人が素敵な出会いを運んできてくれる例も多々あるので、積極的に交流を持つことも出会いを広げるひとつの手段。

結婚相談所の紹介を受ける

結婚を目的としている相談所は、出会う両者の目的が一緒なので、余計な手間がなく、手っ取り早くその目的が達成されるので効率よく婚活ができます。また、サポートしてくれる人も居るのも安心な点。手数料が少々高額なのが痛いところでしょうか。

WEBのマッチングサイトを活用

現代においてインターネットは、必要不可欠なツールのひとつ。中高年では、顔を合わせずに出会うことに抵抗を感じる人も居るでしょう。ですが、手軽に出会えるマッチングサイトの利用は、現代の出会い方の上位を占めています。

マッチングサイトもたくさんありますから、登録時には身分証明が必要等、身元がきちんとした人が多く登録しているサイトを選びましょう。

 

中高年の結婚が難しい理由

一般的に難しいと言われている中高年の結婚ですが、その理由には様々な事情があります。

仕事

例えば仕事。中高年になると、男女共に仕事を持っていて、役職についていることが多くなってきます。そのため、相手の転勤での移動や、出産で育児休暇に入ることも難しいという現状があります。また仕事で長年使用してきた「姓」の変更が面倒だと感じる人も。

介護

中高年になると介護問題に直面してきます。それは男女共に変わりなく、お互いの家族の問題を抱えて、結婚に二の足を踏んでしまうことがあります。特に女性は、家事負担がかかる恐れがあるので、仕事も家事もこなしながら、相手と自分の家族の介護が降りかかってくる可能性がゼロではありません。

子供

中高年になると、子供を産み育てることが難しくなる可能性があります。いくら医療が発展しても、女性は特に身体的負担が大きくなるので、産まない選択をすることもあるでしょう。もし、相手の男性が子供を望むのであれば、ここで大きな溝ができます。

諦め

中高年になると、若いときのように恋愛に対して情熱だけで突っ走ることが、難しくなります。相手に対して求めることが多くなり、アバタはアバタ、エクボはエクボ、とある意味現実的。

恋愛がうまくいかないと、自分が恋愛に向いていない、結婚には不適合者など、諦めてしまうパターンも多く見られます。確かに恋愛や婚活には、パワーが必要ですから、息切れしちゃうこともありますものね。

 

中高年の結婚で失敗しないための注意点

中高年で恋愛や婚活をする場合、現実的な部分が重要になってきます。

生活スタイルが合うか

まず一緒に暮らすにあたり、生活スタイルがあまりにも違う場合、うまく行きません。一方が夜型で、一方が朝方の生活をしていたら、すれ違いの生活になります。食事も一方が外食中心、一方が自炊の自然食派ですと、一緒に食事をすることが苦痛になる可能性も。どちらかが我慢しなくてはならない生活は、いつか終わりを迎えてしまうことになりかねません。

価値観が合うか

今まで酸いも甘いも経験してきた中高年の男女は、自分の価値観が確立されていることがほとんど。それが揺らぐことはありません。そのため、あまりにも価値観が違う場合、ぶつかってしまいます。お互いに嫌悪感を持つ前に、価値観をある程度確かめておく必要があります。

金銭感覚は許容範囲か

一緒に生活して行くうえで、金銭感覚の違いは不仲の原因になります。相手の金銭感覚が許せる範囲かどうかを確認しましょう。自分は堅実にしているのに、相手は消費ばかりする。その逆で自分は好きにお金を使いたいのに、相手はケチだ。そういったお金の不満やすれ違いは、この先一緒に居る上でなかなかうまく行きません。

健康状態

相手の健康状態について、把握しておく必要があります。この先一緒に居る上で、相手に不調があった場合、それを抱えて行かなくてはなりません。重い病気の場合、看病が付いてきます。この先もしかしたら一緒に居る時間の多くが、看病になる可能性も否定できません。

それも踏まえた上で一緒に居る選択をするのと、知らないで一緒になった場合では、覚悟が違います。きちんと相手の状況を把握捨て置くことも、中高年の恋愛において必要不可欠なことでしょう。

 

いかがでしたか、中高年の恋愛事情。現実を踏まえた上で素敵なパートナーに出会いましょう!