婚活に疲れた人へ「楽しみ方」をご紹介|婚活疲れの原因と対処法とは

婚活は恋愛と違い、どうしても疲弊しやすくなります。婚活に疲れると、どんどんネガティブになり、マイナス思考になってしまいますよね…。

それが悪循環になり、うまくいかないことが続いたりします。そうすると、婚活疲れに拍車がかかり、ドロ沼にハマってしまうことも。

婚活疲れの原因はどこにあるのでしょう?

ここでは、婚活疲れを起こす原因と、その対処法をご紹介します。

そして最も重要なのは、婚活疲れを起こさずに婚活すること。それは、婚活を楽しむことです。

「いや、無理だから」

まあ、そう言わずにちょっと肩の力を抜いてみてください。楽しんで婚活をしていると、どんどん良い流れになり、うまくいきやすくなります。

婚活で疲れない「婚活の楽しみ方」も合わせてご紹介します!

目次

婚活疲れの原因はすり減らす神経から?

何故婚活はこうも疲れるのでしょう?

気持ちが高まる「恋愛」とは違い、「婚活」は将来のためにまずは条件などから相手を選定します。

恋愛感情が介入する前の段階ですので、

  • 真剣になれない
  • 相手が真剣ではない
  • うまくフィーリングの合う人が見つからない
  • 良いと思う人と出会えない
  • お断りをしたい
  • フェードアウトされた

など様々なことが婚活では起こります。これらの問題を、いちいち対処しなくてはなりません。

例えうまくこなしているデートでも、初対面や数回会っただけの相手ですと、お互い気を使いますよね。まして結婚を目的としていたら、神経を使い、緊張もしてしまいます。様々な性格の人がいますので、何気ない言葉や行動で、傷つくこともあります。

こういったストレスが重なり、どんどん疲弊して、婚活疲れを起こすことに…。

疲れてくると、どんどんうまくいかなくなり、更に疲れてしまう「婚活の沼」にハマってしまいます。結果せっかくはじめた婚活をやめてしまう人も…。

婚活疲れを起こさないためには

疲れた気持ちで婚活をしていても、それが相手にも伝わるので、いい結果にはならないでしょう。

婚活疲れを起こさないためにも、次のポイントをおさえて婚活してみてください。

  • 休息する
  • 自分ルールを決める
  • 婚活を楽しむ

 

適度に休息する

まず、あまりにも疲れたのであれば、ちょっと一休みすることも必要です。

びっちりと休みなく婚活相手に会い続けていると、余裕がなくなり、相手のいいところを見ることが出来なくなってしまいます。

自分が余力のある状態で行える範囲でいいのです。

例えば月のはじめは休んで、月の半ばに2週間集中して活動するなど。一年中びっちり婚活しなくてはならない訳ではありません。

疲れたから、今月はここまで、来月から頑張る!でもいいのです。心に余裕を持って婚活した方が、理想のお相手と、すんなりうまくいくこともあります。

適度な「自分ルール」を決める

ある程度自分でルールを決めておきましょう。仕事や家事でもパターンやルールを決めておくと、負担が軽くなりませんか?同じことです。

「婚活なのにルール?」と思うかもしれませんが、それで良いのです。恋愛に発展してから、感情で動いても遅くありません。

では、適度な「自分ルール」とはどういったものでしょう?

例えば、

「同時進行で会うのは2人まで。いい人が現れたら、ふるいにかける。」

など。

婚活の自分ルールを作っておくと、うまくいかない時期も乗り越えやすくなります。

「婚活」そのものを楽しむ

婚活疲れを起こさないように、婚活そのものを楽しむこと。実はこれが一番だったりします。

「楽しい」という気持ちはお相手にも伝わります。好感度も高くなり、良い結果をもたらしてくれます。お相手を巻き込むつもりで楽しんでみてください。

婚活の楽しみ方

では、婚活を楽しむにはどうしたらいいのでしょうか。

婚活を楽しみ方には、

  • 異性と交流することを楽しむ
  • デートでの食事やお茶を楽しむ
  • デートスポットそのものを楽しむ
  • おしゃれを楽しむ
  • 生活を見直すきっかけにする

などがあります。婚活という行事そのものを楽しむことがポイントになります。

異性との交流を楽しむ

せっかくの婚活ですから、純粋に異性に会うことを楽しむのが一番。普段では出会えない、様々な異性と出会い、会話を楽しんでみてください。

せっかく出会ったのですから、一時的にでもお相手に興味をもつこと。様々な会話をお相手から引き出してみてください。意外な一面を見つけられるかもしれませんよ。

食事やお茶を楽しむ

その場のお茶や食事も楽しむこと。婚活では、レストランやカフェなどで待ち合わせをすることが多くなります。その際に、食事やお茶そのものを楽しむようにしましょう。

美味しいご飯やお菓子、お酒やお茶を楽しむことで、会話も弾みます。行ってみたかったカフェ、食べてみたかったスイーツ、入ったことのないカフェ、いつものコーヒーなど、様々な「食」を楽しんでみてはいかがでしょう。

ご飯やお菓子に夢中になりすぎて、お相手をそっちのけにしないように注意してください。

デートスポットを楽しむ

初回では、どこかのスポットへ行くことも少ないかもしれません。しかし、回数を重ねると、どこか施設などのデートスポットへ行くようになるでしょう。

その際にはスポットへの「お出かけ」そのものを楽しんでみてください。もし、それがやったことのないスポーツや、気乗りしないスポットだとしても、楽しむ姿勢は大切です。

苦手意識のあるものでも、やらず嫌いで終えるのは勿体無いので、一度経験してみよう!というチャレンジ精神で出かけてみてください。

もしかしたら、趣味に加わるような楽しい発見があるかもしれません。

おしゃれを楽しむ

婚活では、第一印象を良くすることが必要条件となります。

せっかく身なりを整えるのですから、おしゃれを楽しんでみましょう。普段自分では着ない服にチャレンジしてみたり、好きな服を追求したり。綺麗にすることで、高揚感が得られるので、ワクワクした気持ちで婚活できます。

ただし、過度な若作りや露出、ちょいワルのつもりがヤクザ系など、やりすぎには注意しましょう。

生活を見直すきっかけにする

婚活では、自分の趣味や趣向、生活習慣、価値観などが明白になります。これは自分を見つめ、改善するチャンスです。

金銭感覚や仕事など、この先の人生に関わる様々なことを見つめなおしてみてください。自分自身の生活を向上させる、きっかけになるかもしれません。

余裕を持って「独身最後の婚活」を楽しむ

婚活に疲れると、心に余裕がなくなります。年齢的に後がない…そう自分で追い詰めてしまうと、焦るあまりに判断を誤ります。

スタートが遅くても、うまくいく人はたくさんいます。結婚したらもう、婚活をすることはありません。これが最後の婚活と思えば、楽しむ余裕も生まれます。

肩の力を抜いて「独身最後の婚活」を楽しんでみてください。

心に余裕を持つために、

  • リスク分散させる
  • 謙虚さと感謝を持つ
  • 人間に興味を持つ

ことはとても大切です。

リスクを分散させる

焦る気持ちを落ち着かせるために、婚活リスクを分散させてみましょう。

例えば、ひとつの婚活に全てをかけるのではなく、「婚活アプリ」で隙間時間に婚活しながら、婚活パーティーなどで外出を楽しむ。そこに趣味などのサークル活動も、上手に取り入れ、人に接する機会を作りましょう。

謙虚さと感謝を持つ

自分を選んでくれてありがとう、という謙虚さと感謝の気持ちを持ちましょう。

何故自分がこの人と…と高飛車な気持ちで居ると、自分自身がどんどんみじめになります。

自分を選んでくれてありがとう、会ってくれてありがとうという気持ちで接すると、フィーリングが合わなかったとしても、お互い次に進む時に嫌な気持ちにならずに済みます。

人間に興味を持つ

恋愛や結婚以前に、出会った人に興味を持つ。様々な価値観にふれる事に好奇心を持ってみてください。

自分と違う価値観の人に出会っても、叩き返さずに、この価値観ならこの場合はどうなのだろう、と人間的興味を持って接したら、ストレスや嫌悪感を最小限にすることができます。

 

人は、基本的に好意には好意で返してくれるものです。楽しんで婚活することが、婚活疲れを起こさずに成功する近道かもしれませんね!