婚活の厚い壁。相手を好きになれないのに後がない!突破口はあるか

婚活をしていて、うまく相手を見つけても立ちはだかる厚い壁。相手を「好きになれない」ということ。

好きになれない相手でも、年齢やコンプレックスなどから「もう後が無い」と、デートを重ねている人も多いのではないでしょうか。

このまま好きではない相手と、妥協して結婚していいの? 会うたびにモヤモヤした気分を抱えているのでは。

先に申し上げておきますと、もし生理的に無理な相手の場合、結婚はやめておくことをオススメします。

生理的に無理なものは、どうやっても無理なので、一緒にいる時間が長くなればなるほど、目につき鼻につき、腹立たしく思ってしまいます。

そこで無理をして一緒にいても、気にならなかったところまで目につくようになります。そうなると、嫌悪感を持ってしか相手を見られなくなってしまうことも。

それは、自分だけではなく相手にとっても不幸なこと。長い結婚生活を送る上で、良い環境ではありません。

たとえ後が無い年齢だとしても、生理的に無理な相手と我慢して一緒にいるくらいであれば、イチから婚活したほうがずっと有意義。さっさと次の相手を探しに行きましょう。

なぜ好きになれないのか、生理的に無理ではないが「好きになれない相手」との付き合い方「好きになれる相手」の探し方についてをご紹介してゆきます。

目次

相手を好きになれない理由

まず申し上げておきますと、女性は婚活の条件に、相手に対して「ときめき」を求めることがあります。これは本能のようなもので、無意識であることが多いようです。

つまり、恋愛感情のようなものが無ければ結婚に至らない。

女性が婚活で「相手を好きになれない、どうしよう」と思ってしまう大きな要因とも言えるでしょう。

結婚を割り切って考えているのであれば、生活する上で支障ない相手であれば問題はありません。しかし、恋愛の延長線上に結婚がある以上、「好きな相手」でなくては結婚できない、と考えてしまうからです。

ここが婚活の難しさ。今までの恋愛を考えてみてください。

例えば一目惚れ。相手の容姿や雰囲気にのまれ、一目で恋に落ちる…。

婚活で、会ってすぐに恋愛感情を抱くのは、よほど容姿が好みの場合をのぞき、なかなか難しいのが現状です。

「本気の恋愛」を一生で一度もせずに終わる人も多数存在します。それほど恋愛感情とは難しいものなのです。

しかし、「本気の恋愛」をしない人が一生結婚から無縁かというと、そうではありません。お見合いで出会っても、掛け替えのない絆を持つ夫婦はたくさんいます。

時間をかけて相手を知り、どんどん好きになり、愛情を育む夫婦もいます。

では、なぜあなたは相手を「好きになれない」のでしょうか。

その理由として、以下のようなことが考えられます。

猶予期間がない

婚活では、知り合ってすぐなのに「付き合うか否か」「結婚するかしないか」の判断をしなくてはなりません。好きになる間もなく、白か黒かでグレーがない状態です。

自然な恋愛のように、交際が始まるまでの猶予期間がありません。

会う→この先一生を過ごす結婚相手か否か

この流れに、不自然さや違和感を覚えてしまいます。

まだ相手を知らない状態で、好きかどうかは…正直わかりませんよね。

生活習慣や価値観が合わなすぎる

どんなに条件が良くても、生活習慣や価値観があまりにも違いすぎると、なかなか好きにはなれません。

自分とは違う生活や価値観に「素敵」と思わないということは、その部分を好意的に捉えていないことがほとんどです。

むしろ「違和感」や場合によっては「不快感」と思うため、条件が良くてもなかなか好きになれずに悩むことがあります。

会うたびに気疲れを起こしている

初めてのデートは誰しもが緊張するもの。

打ち解けるまでは様々な所に気を使うので、気疲れを起こしてしまうことがあります。

なかなか打ち解けられずに気だけ使い続けていませんか? 中には気を使っていることに気が付かないまま、疲れだけ溜まっていることも。

会って疲れる相手を好きにはなれません。そのうち会うのも面倒になってしまいます。

表面しか見れていない

婚活のように初対面で相手を判断する場合、条件だけしか見れていない場合があります。

「結婚」で割り切りすぎて、その条件にマッチしない人とは、会話すすることさえも無駄だと感じていませんか。

条件だけで選んでいるため、その条件から少しでも外れると「嫌悪」してしまうことがあります。

また条件という外側だけで判断しているため、自分とは合わない内面を見ても「嫌悪」に繋がることも。

結果「好きになる要素がない」と判断してしまうことがあります。

本当はドキドキする運命的な出会いを求めている

男性はロマンチスト、と言いますが、女性もどこかで運命的な出会いや恋愛、ドキドキを期待してしまうもの。

婚活では、よほどタイプな相手に出会わない限り、出会ってすぐに燃えるような恋をするのは難しい願いです。

婚活は徐々に好意が芽生えて行くもの。運命的でドラマティックな出会いを期待してしまうと、どんなに良い人に会っても

「嫌いではないけれど…好き(=愛している)ではない」

という気持ちになってしまいます。

好きになる方法はあるのか

生理的に嫌いではない

好感はあるけど…

良い人だよね

そんな相手を好きになることはあるのでしょうか。

「恋愛感情」とまではいかなくても、「好意」は持てます。まず好意を持ってから、相手を知り、徐々に好きになっていくのが自然の流れ。

ではこのプロセスのために、「好意」を持つにはどうしたらいいのでしょう。

相手の良いところをたくさん見つける

まず、相手のいいところをたくさん見つけましょう。

自分にはない良い部分を見つけ、相手に新しい発見をしてみてください。

また、自分と共通する部分を見つけましょう。共感は、親近感に繋がり好意的に相手をみることができます。

一緒に新しい経験をする

食事を共にすると、親しさは増します。ですが、食事やお茶だけではなく、アウトドアやイベントなど様々な体験や遊びをしてみましょう。

ワクワクすることやドキドキする経験を、一緒に体感しましょう。新しい様々な経験をすることで、相手の違う一面を見ることができます。

もちろん相手に、違う自分を見せることにもなりますので、相手から好意を持たれることにも繋がります。

自分に好意を持ってくれると嬉しいもので、お互いどんどん好意的になり、好きになってゆくことがあります。

デートを重ねる

一度や二度会っただけで、相手の良し悪しを判断せず、複数回会ってみてください。

生理的に嫌な場合は別ですが、すぐに「結婚相手」ではないと判断を下さないようにしましょう。

初対面ではお互いが緊張していますから、良いところを見せようと、自分を出せていない可能性があります。取り繕った表面だけしか見れていない状態です。

その奥にある内面を見てみなければ、好きになりようがありません。

数人の異性と比べる

節度にもよりますが、複数の異性にに会ってみてはいかがでしょう。というのも、一人だけを見ている状態では、ネガティブなところが目立つ可能性があります。

良い意味で比べて見てください。Aさんはここが良い、Bさんはこんな良いところがある、という発見をすると、その中でも特に好意的に映る相手がいるはずですから。

恋人ではなく結婚相手であると考える

理想ではありますが、恋愛して恋人期間を経て結婚する、という過程を求めるとなかなか難しいものです。

恋人という判断をせずに、結婚相手として良い人であるかをまず考えましょう。

食事や就寝などを共にできるか

自然体でいられるか

価値観は合うか

自分とは違う部分を許せるか

そういった「一緒に生活をして行けるか」ということをまずは見てみましょう。

この部分が合致すれば、徐々に絆が生まれ、穏やかに愛情が芽生えることがあります。

好きになれない相手と結婚しても幸せか

好きになってみようとして、結局好きになれなかった場合、どうしたら良いのでしょう。

そもそも好きになれない相手と結婚して、幸せになれるのでしょうか。ちょっと微妙なところです。

もちろん、結婚の形によることは否定しません。

条件だけ見て納得し、ぴったりマッチするのであれば、それはそれでヨシ。

お互いが納得済みであれば、成り立つ結婚生活もあります。本人たちにとっては、納得していることですから、幸せな結婚生活を送っていることになりますよね。

ですがもし、困難に見舞われたら? 子供を望めば様々な苦労が出てくるでしょう。教育費、教育方針、家事や育児負担、不妊治療…あげるとキリがありません。

また相手が病気になる、会社が倒産する、災害が起こる。こういったことは、予測して予防することが難しく、夫婦の絆や愛情がないと乗り越えられない苦難です。

中にはパートナーのことを「戦友」だという人もいますよね。これには共に苦難を乗り越えてきた絆があるからでしょう。

近年のコロナ禍により、在宅ワークが増えて「不仲になった」「コロナ離婚」というワードが賑わっていました。在宅ワークで、不仲が露見する夫婦や、反対にさらに仲良くなる夫婦もいます。

どちらが幸せでしょうか。言うまでもなく、後者ですよね。

少なくとも「絆」や「愛情」がないと、困難を前にすると結婚生活が破綻してしまいます。

年齢やコンプレックスで、どんなに「後が無い」と思っていても、結局離婚してしまうのであれば、さらに「後が無い」状態。

もし、

どうしても好きになれないと感じる場合

あまりにも気乗りせず会うのが苦痛

そう感じるのであれば、多少なりとも愛情を持てる相手を探すことをオススメします。

好きになれる相手に出会うにはどうしたらいいのか

好きになる方法を実践しても、好意を持てなかったのであれば、好きになれそうな相手を探してみましょう。

様々な人に会う

とにかく色々な人に会ってみてください。会ってみないと好きになれるか否かはわかりません。

様々な人に会っているうちに、自分では思いもよらなかった相手を好きになることもあります。

一度まっさらにしてみる

好きになれないと悩み、疲れてしまっていませんか。その場合、一度婚活から離れ、休養を取りましょう。

一旦考えをまっさらにし、再スタートをきりましょう。ふとした時に出会えることもあります。

「後が無い」と焦る気持ちもわかりますが、疲れた状態で焦って探しても、結局いい出会いは訪れません。

生理的に嫌悪する条件を外して婚活する

まず、生理的に無理である相手を、しっかりと除外して婚活しましょう。

しっかり線引きしていなければ、また

「ここさえなければ良い人なのに…。」

「なんだか好きになれないなあ…。」

「悪い人ではないのだけれど…。」

という堂々巡りを繰り返すことになります。

マッチングアプリなどは、自分で生理的に無理と思う条件の人を、初めから除外して探すことができます。

細かい態度や行動は、会ってから見極めるしかありません。

それならなおさら、あらかじめ省ける部分を省いて婚活したほうが、お互い不快な思いをせずに済みます。うまく婚活に利用してみてください。

 

好意を持てる素敵な相手と出会えますように!