【40代の婚活バイブル】結婚を諦めない!これを人生最後の婚活にしよう

40代で婚活しようと思っているけれど、どうしたらいいかわからない。婚活しているのに、なかなかうまくいかない。うまくいかないとどんどん疲れて、結婚を諦めてしまう人も…。

何故うまくいかないのでしょう?

年齢のせい?

確かにそうかもしれません。というのも、もしかしたら40代に適さない方法で婚活しているからかも…。

40代で、20代・30代のころのような婚活方法をしていても、出会いは訪れません。

「もう40代だから」と言ってしまえばそれまでですが、本当にそれでいいの? 「まだ40代」なので、諦める前に婚活方法の見直しをしましょう。

ここでは、40代の婚活が苦戦する理由や、うまくいく方法、注意点などをまとめました。

40代で婚活している人、婚活したい人は必見です! ぜひ試してみてください。

目次

40代の婚活は本当に厳しいのか?

40代で婚活をすると「厳しい」という意見を多く耳にします。そもそも何故、40代で婚活すると厳しいのでしょう?

それには「40代」という年齢がネックになることがあるから。婚活では男女共に、若い年齢を求める傾向にあるため、まずその年齢で相手の条件から外されてしまうためです。

じゃあどうしようも無いのでは!?

いえいえ、憤るのはまだ早い。まずは、40代の婚活状況からみて行きましょう。

40代の未婚率

まずはこちらをご覧ください。

※タップで切り替えて表示できます

40代前半(40~44歳)の未婚率

 40代後半(45~49歳)の未婚率

40代前半の未婚率は24.6%

約4~5人に1人が未婚である結果です。

参考:2015年時点の国勢調査のデータ

これを男女で分けると

  • 男:29.3%
  • 女:19.1%

40代後半の未婚率は21.0%

約4~5人に1人が未婚である結果です。

参考:2015年時点の国勢調査のデータ

これを男女で比べると

  • 男:25.2%
  • 女:15.3%

理由や事情は様々ですが、どちらも4〜5人にひとりは未婚という結果です。

女性の割合が低いのは、女性のほうが先に行動し、結婚してしまうことが多いからでしょう。ですが、未婚率はこれからまだまだ上昇傾向にあると言われています。

ということは、それだけフリーの異性が多いということ…。婚活ではチャンスです!

40代の未婚率について更に詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください▼

 

未婚率からみる40代の結婚事情|活気付く婚活市場で打ち勝つには?

 

婚活でうまくいかない原因と対処法

フリーの男女が多いのに、婚活がなかなかうまくいかない…なぜでしょう?

婚活でうまくいかない原因に、よく言われているのは、下記の3点です。

  • 高望み
  • 相手の条件で弾かれる
  • 適した場で婚活していない

 

高望みをやめるには

婚活でよく耳にするのが「高望み」ですね。これは、”身の丈に合っていない相手を望むこと”を指しています。

例えば以下のようなこと。

  • 自分の年齢に合わないような若い年齢を望む
  • 自分のことは棚に上げて容姿端麗な相手を望む
  • 一般的ではない経済力を相手だけに求める
  • 職業や学歴など華やかなものを望む
  • 異性に対し、自分の勝手な理想像でなくてはならないとしている

このように、自分のことを棚に上げ、相手に対する条件やスペックだけが高い状態を「高望み」といいます。

また、“希望する条件に合致する相手の数が少ない”場合も「高望み」と言えるでしょう。例えば、以下のような相手を望むこと。

  • 身長185cm以上の相手
  • 離島に住んでも構わないという相手
  • 家業を継いでくれる相手

このように「高望み」しているつもりはなくても、当てはまる相手が限りなく少ないケースです。当てはまる異性の条件がピンポイントであり、さらにフリーであるという条件がつきます。これはもう、探すのも大変です。

レアなケースはおいておくとして、一般的な「高望み」の理由を考えてみましょう。

それには、一生に一度の相手と思えば思うほど、相手に対する要望がどんどん厳しくなることが挙げられます。「もっといい相手がいるかもしれない」とせっかくうまく行っている相手を断ってしまうことも。その後良い条件の相手が現れずに焦っても後の祭りです…。

つい「高望み」をしてしまう時には、自分が設定した条件から「ないな」と思うほうに10幅を広げてみてください。例えば…

■年齢ならプラス10歳

  • 相手の年齢を30代までと思っているのであれば40代まで
  • 50代以上がいいと思っているのであれば、40代以上から

■年収なら100刻み

  • 希望条件が400万以上なら300万以上

これをするだけで、出会いは増えます。今まで切り捨てていた部分の相手との出会いが増え、条件だけでは見つけられない、気の合う人と出会える可能性が広がりますので、ぜひ試してみてくださいね。

 

これって高望み?そんな疑問を持ったら、こちらの記事も参考にしてみてください▼

 

婚活でおちいる「高望み」をやめる方法|つい上がる条件にストップ!

 

条件で弾かれるときの対処法

婚活は、相手があって成り立つもの。

「広い条件で婚活しているのに、そもそも出会えもしない!」という人もいます。その場合、相手が「高望み」をしていることが考えられます。

「え…さっきするなって言っておいて?」…そうなんです。相手ありきという、婚活の難しいところです…。

自分だけが条件の幅を広げていても、相手が狭いとなかなかマッチングしませんよね。

もしあなたが望む相手が、いわゆる「高望み」をしている場合、相手の条件から弾かれてしまうことが考えられます。そうすると、いつまでたっても相手とは出会えません。

解決するには、タイミング良く狭い条件に自分をマッチさせること。

要は弾かれる要因を取り除くこと。

自分の条件は広く設定したまま、相手から弾かれる要因を軽減する努力をしてください。条件のスペックで改善できるところは、改善しましょう。

例えば容姿は、ダイエットや服装などで良くすることができます。年収は転職や資格を取得することで上げることができます。変えられないところは仕方ありませんが、変えられる部分は努力をしましょう。

「なぜ自分だけが努力をしなくてはならないのか」

そう思うかもしれませんが、お互いの条件が狭いままでは、いつまでたっても出会えません。

改善する=自分自身が向上する

そう思って自分のスペックを上げると、素敵なお相手に巡り会うチャンスが増えることにも繋がります。改善することで、選べる範囲が広がるのです。

それなら頑張ろう!という気になりませんか?

スペックの改善についてさらに詳しく知りたいかたは、こちらの記事も参考にしてみてください▼

 

婚活がうまくいかない人の原因と最終手段!相手の条件にマッチさせる方法

 

適した場所で婚活する

それでもなかなか出会いがない、と感じているのであれば、適した場所で婚活をしていない可能性があります。

40代で、20代や30代で行っていたような婚活手段では、なかなかうまく行きません。

というのも残念ながら、日本の婚活市場では、男女ともに異性は「年齢」を重要視することがほとんど。

自分ではあまり意識しないかもしれませんね。しかし、他の条件を見られる前に、まず年齢で相手から外されてしまうことも多々。その状況で、20代・30代と張り合ってもなかなか勝ち目がありません。

40代には、40代に適した方法や場所で婚活をする必要があります。

40代に適した婚活方法

40代は「結婚」が目的である「婚活サービス」を大いに活用しましょう。

婚活サービスには大きく分けて

  • 婚活アプリ
  • 婚活パーティー
  • 結婚相談所

などがあります。

どれも「結婚相手」を探す場所なので、男女お互いの目的は「結婚」です。恋愛を意識してしまうと、なかなか出会っても次に繋がりにくいもの。しかし結婚を目的とした場合、一緒に生活する上でのパートナーを選ぶので、その条件の相手と出会えたら成婚しやすいという利点があります。

婚活サービスを利用する場合、次の点を重視してください。

  • 40代の年代が「若い世代になるか」
  • 一定期間継続できる価格帯であるか

今大人世代の恋愛は活気付き、中高年や大人世代に向けたマッチング婚活サービスが増え、人気を集めています。

その中でも、40代が若い世代になる婚活サービスを利用することは重要視すべき点。なぜなら、男性は若い女性を、女性は年齢の近い相手を求める傾向にあるから。

40代が若い世代になるということは、それだけチャンスも多くなるからです。

「婚活アプリ」をうまく使うには

オンラインで相手を探すことができる「婚活アプリ」。いわゆるマッチングアプリのことをいいます。

アプリは星の数ほどありますが、そのサービスは若い世代に向けたものがほとんど。その中から、大人世代に向けたものを選んでください。 

40代周辺のいわゆる「大人世代」「中高年」へ向けたマッチングサービスを提供していること。ここはとても重要です。

また、無料や課金のマッチングアプリも多数ありますが、年齢を重ねている男女の場合、ある程度お金をかけてきちんとしたところに入会しましょう。

というのも、無料のところには、それなりの相手しかいません。そして、無料のマッチングアプリの多くは、利用者の制限を設けていないのがほとんどです。

簡単に身分を偽ることが出来てしまうため、中には既婚者が偽って利用していることもあります。若いろには痛い勉強、と思えたことも、40代では不要な勉強をしている暇はありませんよね。

もし今までマッチングアプリを利用して、いまいちだった…という経験があれば、一度利用するアプリを見直してみてください。

「婚活パーティー」をうまく利用するには

実際に対面して会話をする「婚活パーティー」。相手の雰囲気が知れるので、後からなんか違った…ということも少ない婚活方法です。

開催されるパーティーには、様々な趣向があり、年齢の制限があります。40代に向けた趣向のパーティーに参加しましょう。

もし年齢制限がない、自分の年代が最年長になる、などのパーティーへ参加する場合、若さで勝負しないように。先ほども申し上げた通り、年齢を重要視する婚活では、若さで張り合っても勝ち目はありません。

もっと性格や気配り、スペックなど「大人」ならではの鎧で戦いましょう。

また、数分でお互いを判断しあうため、第一印象はとても重要になります。清潔感やお洒落には十分気を使って参加しましょう。

それでも婚活パーティーの場では、人気のある人が一気に異性を持って行こともあります。いちいち落ち込んでいると、婚活なんてできません。

もしカップルになれなくても、クヨクヨせず次のパーティーへ向けて準備しましょう!

「結婚相談所」をうまく利用するには

第三者の目から見て、合いそうな相手を紹介してくれる「結婚相談所」。現代のお見合いのようなものですね。

優柔不断な人や、見る目に自信がない、行動力がない、という人にオススメです。

結婚相談所には、収入や年齢を制限している場合もありますので、入会時にきちんと確認しましょう。

結婚相談所は良くも悪くも、他人の目から客観的に「婚活市場における位置」を判断されます。時には自分の意にそぐわない相手を紹介されることも覚悟してください。

例えば、自分の外見は8なのに、紹介された相手は4だった。自分の総合スペックは8なのに、相手は3だった。良く耳にします。

しかしながら第三者が絡む以上、他人の自分に対する評価は厳しいものです。そこをきちんと受け止められるか否かは、成婚に大きく左右されます。

文句を言う前に、まずは紹介された相手と会ってみてください。

若さや美貌などの外見は、お互い失って行くもの。外見やスペックだけで判断するのではなく、相手の内面に目を向けてみましょう。

注意点としては、結婚相談所は他の婚活サービスに比べて費用が高額です。婚活は、婚活サービスの利用料金だけではなく、他にもお金がかかるもの。懐と相談し、無理しない範囲で入会してください。

うまくいかせるには、無理ない婚活がオススメ

婚活を成功させるには、忍耐が必要です。

失敗するのは、成功するまでやっていないから。

婚活は継続して相手を探し続ける必要があります。当たり前のことですが、成功するまで続けることができるかどうか。これはとても重要です。

そのためには、以下の点をおさえておきましょう。

  • 費用をかけすぎない
  • 婚活疲れを起こさない

費用をかけすぎない婚活を

まず、婚活に費用をかけすぎないように注意しましょう。身の丈に合わないほど高額な費用をかけて息も絶え絶えでは、とてもじゃないけれど継続して婚活なんてできませんよね。

また婚活は、婚活サービスの利用料金だけがかかる訳ではありません。他にも費用がかかってきます。

例えば、

  • 婚活サービスの利用代金
  • 通うための交通費
  • 連絡する上での通信費
  • 婚活する上での被服費
  • デートなどの交際費用

など。

女性は被服や美容、男性はデート代など、時には婚活サービス以外にかかる費用のほうが重要だったりします…。ですから、費用には余力を持っておくのが無難。

懐と相談して継続して婚活できることは、成婚に一歩近付きます。

婚活費用の内訳やかかる平均費用にご興味あればこちらの記事も参考にしてみてください▼

 

皆、婚活費用はどのくらいかけているの?平均費用を調査!

 

婚活疲れを起こさない

婚活をしていると、恋愛感情が介入する前の段階ですから、疲れを感じてしまうこともあります。

その理由としては、以下のことが考えられます。

  • 真剣になれない
  • 相手が真剣ではない
  • うまくフィーリングの合う人が見つからない
  • 良いと思う人と出会えない
  • お断りをしたい
  • フェードアウトされた

相手があることなので、必ずしもうまく行くことばかりではありません。

もしこれらの問題に当たった時にいちいち悩み、気にしていると、どんどん気持ちが落ち込んでしまいます。

例えうまくいっているデートでも、途中でダメになってしまうことは多々あります。そのたびに「自分の何が悪かったのだろう」と落ち込んでいると、婚活疲れを起こし、鬱のような状態になってしまう人もいます。

回避するために、以下のようなある程度の「自分ルール」を決めておくことがオススメです。

  • 月の半ばに2週間集中して活動する
  • 同時進行は2人まで。いい人が現れたらふるいにかける

こうした決まりごとにしておくと、悩んだ時に便利です。

またせっかくパートナーを探すのですから、婚活を楽しむということも、疲れを軽減する手段。どう婚活を楽しむか、それは人によって様々ですが、例えば以下のような楽しみ方。

  • 異性と交流することを楽しむ
  • デートでの食事やお茶を楽しむ
  • デートスポットそのものを楽しむ
  • おしゃれを楽しむ
  • 生活を見直すきっかけにする

婚活は苦痛…そう思って活動しても、なかなかうまくいきません。このように、婚活そのものを楽しんでみてください。

 

これが「人生最後の婚活」なのだと思えば、パートナーを探す時間も楽しみになりませんか。さあ、素敵な相手と巡り会いましょう!

婚活の楽しみ方をもっと詳しく知りたい方は、こちらも参考にしてみてください▼

 

婚活に疲れた人へ「楽しみ方」をご紹介|婚活疲れの原因と対処法とは