40代でも結婚できる男になる!結婚できない男の特徴は?【男の婚活】

ドラマで「結婚できない男」が放映されて、ドキっとした男性もいるのではないでしょうか? 阿部寛演じる桑野の何とも…な性格に、わかる!と頷きつつも、自分に当てはめてがっくりしていたのでは? 放映が終了してホッとしたものの続編「まだ結婚できない男」の姿にまだできてないのか!と思ったはず。

しかしドラマの阿部寛は、高身長、高収入でルックスも良いと言う高スペックの男性です。難ありなのは、その性格のみ。結婚できない原因はその性格ということになるでしょう。

ですがもし、婚活しているのになかなか成果が上がらず、思い当たるふしも無い…それならちょっと自分を振り返ってみましょう。

何故あなたは結婚できない男なのでしょう? その原因は何なのでしょうか? まずは己を知ることから始めましょう。

 

40代男性のシビアな結婚事情

40代男性にとって耳の痛いお話をしましょう。40代を過ぎてからの、未婚の男性の結婚率は、正直なところ高くはありません。

40代の未婚男性が、10年後の50代になって結婚したか。

国勢調査では結婚したのは約1割という結果だとか。

しかし悲観することもありません。何故なら、その結婚した1割になればいいのですから。簡単に言うけれど、やるのはこっちだろ、とヤジが飛んできそうですが… では、1割になる為にはどうしたらいいのでしょうか。

まずは40代で結婚できない男性にありがちな行動からみて行きましょう。もし、心当たりがあれば注意です。

 

40代で結婚できない男性にありがちな行動

結婚できない男性に多いのが、

  • 上から目線でものを言う
  • 婚活しているのに矛盾した行動

などがあります。これ、ドラマを観た方にはピンとくるかもしれません。「桑野さん」も意識せずにこのような言動になりがちでしたね。詳しくみてみましょう。

 

上から目線でものを言う

色々な経験をしてきた40代の男性は、厳しい団塊の世代に鍛え抜かれてきたので「俺の時はもっと厳しかった」が抜けません。現代の”女は平等で、若さも老いも尊重してしかるべき” と言う風潮に時代が変化しても、なかなか追いつけていないことがあります。

男偉そうに上から目線でものを言っていたら、異性どころか若い同性からも嫌厭されてしまいます。

 

婚活しているのに矛盾した行動をする

40代で結婚できない男性には、婚活しているのに…本当に結婚する気あるの? と思うような行動をとることがあります。

なかなか成功に結びつかない理由として、心のどこかでは自由が良い、結婚は煩わしいと感じているケースも。その深層心理が、矛盾した行動として現れてしまっていることも。

パートナーが欲しいけれど、独身のままの気楽さは失いたく無い… その思いからか、異性とうまく行きかけると、無意識のうちに自ら壊すような行動をしてしまいます。

これではいつまでたっても結婚はできませんよね。

 

40代で結婚できない男性の特徴

また、結婚したいと思っているのになかなか結婚できない男性の特徴として、次のようなことが挙げられます。

女性に対する理想が高すぎる

40代でも結婚できない男性に多いのが、相手の女性に対して、高望みをしてしまうことが挙げられます。

多いのが、自分の年齢に不釣り合いな若い女性を求めていませんか?男性幾つになっても若い女性に、惹かれる傾向にあります。それは本能的なもので、仕方ありません。

40代で独身の男性には、特にその傾向が強くみられます。ですが、現実的に考えていかがでしょう? 実際に娘みたいに若く可愛く、スタイルの良い女性を手に入れられる男性はごく一部。ワイドショーを賑わす、実業家と女優・モデルのカップルを観ていても思いませんか? 実際に容姿端麗な女性を手に入れる事ができるのは、富と名声のある人だけ…。

もしこんな口癖があるのであれば、注意しましょう。

「結婚するなら若くてきれいな女性がいい」

「女性は◯歳以下じゃなきゃ」

「体型は◯◯のようでなきゃ」

人が美しさを好むのは自然なことです。社会的な地位が高い男性や、高収入な男性であれば希望の女性が見つかるかもしれません。

しかしながら、女性は同年代や少し年上位の男性を結婚相手として望むことが一般的。10代、20代の女性からすると、40代の男性はなかなか恋愛対象になりにくいものです。高望みしすぎると、自ら縁を遠ざけることにもなります。

 

必須条件である「清潔感」に欠けている

女性は特に、清潔感を重視します。第一印象で清潔感が無いと思われると「この人はもう無理」と、チャンスすら与えられません。

40代になると、体型の変化や肌のたるみ、薄毛、加齢臭などが気になるお年頃。ちょっと手を抜くと、中年男性特有のだらしない印象を与えてしまいます。

例えば…

  • 爪が伸びている
  • 髪の毛がボサボサで
  • 衣服にシワやシミがある
  • 変なにおいがする

などです。

清潔感は、女性にとって必須条件です。ここが欠けていると判断されると、恋愛や結婚の対象になりません。

誰しも年をとると清潔感が損なわれた印象を与えやすくなります。それは、薄毛や白髪、肌のシミなど目に見えるものや、口臭・加齢臭など匂いのように見えないけれど、老化を感じさせるものの印象です。

そこに無精が加わると、衣類の汚れや爪の切り忘れなど、清潔感が無く見えてしまいます。女性は男性に比べ、圧倒的に清潔感に敏感。身だしなみを疎かにしているのであれば、結婚に結びつかないのも致し方ないことでしょう。

 

おじさん臭い雰囲気が漂っている

40歳を過ぎると、男性もおじさん臭くなる人と、お洒落なオジサマに分かれがち。どちらがモテるかは…聞くまでもありませんよね。

「人は見た目が100パーセント」というドラマがあったように、パッと見た第一印象は、髪型と服装である程度の判断をされてしまいます。婚活のように、たくさんの人を短時間で判断する場所なら尚更。

髪がボサボサで、ヨレヨレしたシャツや楽なダボっとした服装は、おじさん臭い印象を与えがち。身体も緩んでそうなイメージを抱かせてしまいます。

自分の身体にぴったり合った、ジャストサイズの服装は、すっきりとして若々しく見えます。もしお腹が出ているのが気になるのであれば、健康の為にも運動をしましょう。

 

了見が狭く、包容力がない

「大人の男」のイメージがある40代は男性。例え心は少年だとしても、大人気ない態度や了見が狭い「包容力」の無い男性は女性からみると「うわあ、無理」と恋愛対象から外れてしまいます。

そもそも女性が求める包容力とは、何ぞや? と思うかもしれませんね。包容力とは、相手の話や存在を、まるごと受け止める懐の広さのこと。

男性からすると、女性は些細なことで不機嫌になることがあります。それが、ただのワガママに見えるかもしれません。その時に頭ごなしに否定的なことを言わずに、一旦飲み込む、話を聞くなどの余裕がある対応をするようにしましょう。

この時包容力のない人は、真逆の対応をしてしまいます。自分の価値観や経験の範囲内で、頭ごなしに否定的な説教をします。また、やたらと白黒付けたがるのも特徴。そうすると、年齢の割に浅く、器の小さい人という印象を与えてしまう結果になります。

これでは結婚相手の対象から外れてしまうでしょう。

 

経済的な不安を抱えている

女性はどうしても、男性に経済力を求めがちです。

2018年にある結婚相談所が行なったアンケートでは、

女性が男性に求める年収=400万円

というシビアな結果に。

男性の年齢が40、50代と高くなるにつれ、400万円〜500万円と金額が上昇しても不思議ではありません。

もちろん、お金だけで男性を選ぶ女性ばかりではありません。ですが、経済力は結婚相手を選ぶ時に、一つの目安になっています。生活して行かなくてはならない以上、シビアになってしまうのは、仕方の無いことでしょう。

平均よりも収入が少ない、蓄えが無い…。そうなると家族を迎えたとしても、養って行けるのか不安になり、結婚に対して消極的になってしまい、なかなか結婚に結びつきません。

 

女性経験が少ない、そもそも縁がない

今までつるんできた周囲の友達達が結婚し、子供を育てていることも多いのが40代男性。身の回りから出会いが激減する年代です。若い頃に比べると、出会いの場に誘われることも無くなります。

そうなると、出不精な人や、マメではない人は、自宅と職場の往復だけになり、どうしても出会いのチャンスと縁遠くなってしまいます。

40代で結婚できない男性に共通するのは、「出会いがない」こと。出会いがなければ、結婚どころか恋愛のスタートラインに立つことさえ出来ませんよね。

社会人にとって、身近な出会いである職場があるさ! と思うかもしれません。が、女性は「仕事相手」だから好意的に接していることがほとんどです。実際に恋愛に発展するような、好意を寄せられているというわけではありません。ですから、そもそも身近でも縁がない、というのが現状なのです。

これではいつまで経っても結婚できません。

 

40代男性の結婚は絶望的?

では40代男性は、婚活しても無駄なのでしょうか?

いえいえ、絶望しないで!

と言うのも、ある酒造メーカーの調べでは、20代30代の独身女性70パーセント以上が、おじさんでも恋愛対象になるというレポートがあるそうですよ。

ただし、女性の8割以上が「清潔感」を前提条件として挙げていますが。

 

40代でも「結婚できる男」になるには

では、40代からでも「結婚できる男」になるにはどうしたらいいのでしょうか。

 

①自分を客観的にみて、求める出会いの幅を広げる

まず、自分を客観的にみることから始めましょう。

自分と結婚する女性は、若く老いることがなく、モデルのように美人で、料理もできて床上手でなくてはならない、と思っていませんか。

それなら自分は、その女性に見合う男性でしょうか? 結婚できない男性の多くは、自分のことを棚にあげ、相手の女性にばかり高望みをする人が多く居ます。

もちろん自己評価が高いのは良い事です。しかし、自分は薄毛でお腹が出ているのに、女性のアラばかり探しているような男性を素敵だと思いますか? 余程の高収入で羽振りが良くなければ、女性は寄ってきません。

「何だよ、結局お金か」と言いたそうな気配を感じますが…。しかしながら、自分が女性に対してしていることも同じだと認識しましょう。

女性は、お金ばかりを見ている訳ではありません。あなた自身が女性の外見しか見ないから、お金でしか見ない女性しか寄ってこないだけです。性格の良い男性には、中身を見る女性も寄ってくるのです。

 

②好かれる努力をする

まず、恋愛以前に人に対して好印象を与える努力をしましょう。女性に限らず、印象を良くするということは、仕事などの対人面でも良い影響があります。

ルックスに自信がなくても、身だしなみを整えている人に、嫌な印象は持ちませんよね。また、普段から表情や話し方を意識することで、婚活の場でも自然に振る舞えるようになります。

粋な会話が出来なくても、一生懸命なことが伝われば、それだけでも印象は良くなります。

 

③出会いの場所へ出向いて行く

40代で結婚を手に入れた男性は、とにかく行動力が違います。婚活パーティーや結婚相談所、マッチングアプリなど、異性との出会いを目的とした場所へと足を運んでいるのです。

また、出会いがありそうな趣味を始めたり、人の集まる場所に積極的に顔を出すなど、チャンスを逃さないように努力もしています。もちろん、興味のない趣味を無理にやる必要はありません。健康のためにスポーツをする、アウトドアが好きだからサークルに入る。

自分が興味あることを楽しんでいるうちに、出会いに繋がることもあるので、自分自信の魅力を高めるつもりで、まずは気楽に出会の場所へ行くことも大事です。

 

まずは小さな一歩から。「結婚できない男」を脱ぎ捨てて、40代でも結婚できる男を目指しましょう!