「40代の出会いはどこ?」アラフォーでも遅くない!出会いの見つけ方

40代になると、もう出会いがないと思っていませんか?

事実、質問系サイトでは「見合いの話すらない」「出会い方がわからない」などの悩みが多数寄せられています。

「40代の独身男性ですが、出会いが無いので将来が不安です。<中略>30代半ばくらいから出会いが無い状態です。行動するにも、どんな事をすればいいのか?婚活サイトなどにも登録しましたが、何の結果もでないです…<以下略>」

 参考:ヤフー知恵袋より引用

「40代独身の方、婚活してますか?婚活はどのようになさってますか?
出会いの場所やきっかけなどをどのように作ってますか?
また、婚活をあきらめたかたは将来、独り身の孤独を考えると恐怖におびえることはないですか?40代からの婚活って非常に難しいようです。」

 参考:ヤフー知恵袋より引用

確かに、飲み会や合コン・紹介・ナンパなど、若い頃には転がっていたような出会い方は出来なくなります。

ですから、闇雲に若い頃のような活動をしていても、出会いには繋がりません

40代には40代の出会い方があります。

40代からの出会い方

では40代からは、どのように出会いを求めて行けばいいのでしょうか。2つのパターンが考えられます。

1:お互いが「出会い」を目的としている場所で出会う

2:「出会い」を作り出す場所で出会う

「出会い」が目的の場所

相手も自分も「出会い」を目的として行動している場所での出会いのこと。お互いの目的が明白なので、行動もスピーディー。結果に繋がりやすくなります。

その方法として次のような場所での行動がオススメです。

マッチングアプリ

不安なイメージがあるかもしれませんが、マッチングアプリやサイトでの出会い方は、現代において、もうマイノリティではありません

若い世代では、トレンドですらあるネットでの出会いは、パートナーを見つけやすい出会いのアイテムのひとつです。

マッチングアプリごとに、特色があるので、年代や目的別で利用すれば、好みのパートナーに出会う確率は確実にUPするでしょう。

また、自分の都合の良い時間帯に活動できるので、誰にもバレずに婚活したい人や、自分のペースでパートナー探しをしたい人、とにかく迅速に効率よく探したい人などに向いています。

40代は手紙などのアナログな交流から、ポケベル、ピッチ(PHS)、携帯電話、スマートフォンとどんどんデジタル化が進んだ世代。

デジタルな出会いには、危ない・ろくな人がいないなど、不安な気持ちもあるでしょう。

それは、きちんとしたアプリを選んでいないからです。

本人確認のため、身分証の提示を求めるアプリや、本気度の高い有料会員が多く集まるアプリなど、きちんとしたところを選ぶようにすれば、危険度はグンと下がります。

また、年齢的に不安があるのなら、同じ世代が集まるアプリを選ぶようにしましょう。そうすれば、会話も弾むし、年齢からくる不安は解消されるはずです。

結婚相談所や婚活パーティー

もし結婚前提の出会いを求めているのであれば、目的が明白なので効率が良いのが結婚相談所への入会です。同じ目的の男女が集まるので、交流に無駄がありません。

料金は割高ですがスタッフの人が居て、仲介してくれるので安心感もあります。人生の伴侶に巡り会うためですから、時にはある程度お金をかけて投資することも必要です。

また結婚相談所よりもカジュアルな交流の場として、婚活パーティーがあります。こちらも婚活と言う名目なので、目的が明白。

結婚相談所よりは価格が安く、パーティーによって、年代や趣味、職業など趣向が違っていて、自分が興味ある相手に出会いやすいのが利点です。

実際に対面して会話ができるので、自分で人柄を判断しやすいというポイントも。

ですが、対面している時間は短いので、その一瞬の判断によってお互いが判断し合うので、何度かうまく行かなくても、諦めないことが重要です。

40代で出会いを求めているのであれば、根気よく頑張ることも必要です。

「出会い」を作り出す場所

出会いを作り出す場所とは、相手の目的は違うところにある場所で、出会いに変えるために行動するパターン。

ややこしいですが、出会いそのものが目的ではないものの、行動を起こすことによって、出会いにつながる可能性はあります。

自然な出会いを求めているのであれば、オススメの方法です。

SNSを通じて

40代でSNSを手足のように活用している人も居れば、面倒で手を出したことがない人も居るでしょう。

もうすでに使いこなしている人は、この手の出会いは試しているかもしれませんね。

ドキュメンタリー番組などでは、海外でフェイスブックを通じた出会いなどの再現VTRが放送されることがあります。確かに、ない事ではありません。

フェイスブックやインスタグラムなどの、SNSを通じての出会いは、マッチングアプリと違って、相手にコンタクトを取れば始まると言うものではありません。

自分の趣味趣向に合って、共感できる投稿にいいねなどの痕跡を残してみたり、コメントをしてみたり、自分から投稿してみたり。まずはコツコツ楽しんでみて!

バーや居酒屋などの飲食店

もう試している人も居るかもしれませんが、バーや居酒屋など飲食店にも出会いはあります。

そのためには、まず行きつけのお気に入りのお店を探すこと。

自分好みのお店を見つけ、通い、店員さんと仲良くなった頃には、常連同士交流が出てきます。

そこで、恋愛までは行かなくても、飲み仲間として友人関係になれば、その人が誰かを連れてくる可能性もあります。

また、お酒はちょっと…と言う人は、出勤前のカフェなどでも良いでしょう。

朝の時間を有効活用しているうちに、顔見知りになり、交流が生まれることもあります。

セミナーや交流会など

40代になると、結婚式や合コンのようなイベントには、なかなか参加する機会は無くなります。

どちらかというと、異業種交流会やビジネスセミナーなど、仕事やライフスタイルに関するイベントへの参加が多くなる年齢です。

ごく稀に、こうしたイベントで意気投合するケースも。

自分が興味あることや、仕事に関係することなどに、参加してみるのもいいでしょう。

自分の仕事や生活の役に立つので、無駄にはなりません。

趣味や習い事

自分の趣味や習い事は、同じ趣向の人が集まるので、出会いやすくなります。

趣味の登山をしているうちに顔見知りになったり、バイクが好きなら一人であちこち行って、キャンプなどをしているうちに、ツーリング仲間になるなど、趣味ならではの出会いがあります。

また、料理教室やテニス、ゴルフ、スキーなどのサークルに入ってしまうのも一つの手。

自分の好きなことに対するコミュニティなので、打ち解けやすく、仲良くなりやすいのでオススメです。

稀に社会人になってから、本気の専門学校や大学に通っていたら出会ったと言うケースも。

社会人になってからの学びは、本気度が違います。社会人同士、勉強会などで意識を高めているうちに親しくなるというパターンも。

ひとり旅やツアー

旅好きなら、プラリとひとり旅に出かけてみてもいいでしょう。

もし、完全に一人で旅するのが心配なら、気軽に行けるツアーなどに参加してみても良いかもしれません。

ツアーは二人以上じゃないと参加できないイメージですが、一人でもOKのツアーも多数あります。

一人参加が多かった場合、情報交換などからコミュニケーションが生まれ、一緒に名所巡りをしたり、夜の食事を共にしたり。

そのうち旅仲間になった、なんて話もありますから、好きな旅を楽しんでいるうちにパートナーに巡りあう可能性も皆無ではありません。

散歩やマラソン、トレーニング

一時期朝活がブームになりましたが、健康のために始めた早朝のマラソンで顔を合わせているうちに、挨拶を交わすようになり、そのうち友人関係に発展と言うケースも稀にあります。

また、また、犬の散歩で偶然何度か話すようになって…と言うような出会いも。

確率は低く効率も悪いですが、出会いのみを目的とせずに、健康のために身体を動かすことは悪いことではありません。

出会いを探すには、心も身体も健康であることが重要。

まずは婚活の体力作り!と思う場合には、このような「ついで出会い探し」もオススメです。

いかがでしょう。

もし、オススメしてきたついでの出会い探しを…

「もう試してみた、それでもうまくいかなかった。」

「そんなに時間をかけている場合じゃない。」

と思う人は、出会いを探す場所を見直しましょう。相手も「出会い」を目的としている場で活動することがオススメです。

「40代の出会い」がない原因

出会いがない原因は年齢だけではありません。

諦めと気力の減少

40代で出会いが減少する理由として、自分自身の心の問題が挙げられます。

もう40代だからと出会いを諦めがちではありませんか?

体調や心の不調から、恋愛する気力がなくなっていませんか?

40代になると、出会いや恋愛に対して腰が重く、臆病になっている人も多いでしょう。

今の生活を変える気力も無く、ですが、独りで生きて行くのも辛く心配。そんな微妙な葛藤を抱えているのではないでしょうか。

事実質問サイトでは、諦めや面倒などの悩み相談がちらほらと見られます。

「40代ですが、恋愛も遠のいていて、もし今出会いがあっても、人生の折り返し地点すぎた今、今の生活を捨てるには躊躇するだろうなと思っています。
だからと言って、一人で生きていくことになりますが、怖いです。<一部省略>」

 参考:ヤフー知恵袋より引用

そして、このサイトに訪れてくれたということは、少なからず出会いたい気持ちがあるはず。それならば、待っていてはダメです。

何故なら 運命のように感じる出会いですら、何かしらの行動があって訪れるもの なのですから。

自分から出会いを求め、探して行動しなければ、40代で素敵な出会いは降ってきません。

自らが行動を起こせば、出会えるチャンスは確実に上がります。

間違った場所での出会い探し

若い頃のように闇雲に出会いを探して行動しても、なかなか巡り会えません。

行動を起こしているつもりなのに出会えない…。

いつもうまくいかない…。

そう感じている人は、間違った方向で出会いを探しているケースが多くみられます。若い頃はうまく行った経験から、同じような場所で同じように出会えると思いがちです。

ですが、なかなか良縁には結びつかず、結局「うまく行かない=40代だから」と言う理由で諦めてしまいがちに。ですが、諦める必要はありません。探す場所を変えてあげたらいいのです。

独身者の増加はチャンス!

未婚者を対象にしたアンケートで、いつか結婚するつもりであると答えた男女は約85%を超えるそう。このことからも、いつかは結婚したいと思っている男女は多いことがわかります。

ですが様々な理由から、つい結婚の時期を逃してしまった人は多数いると推測されます。

国立社会保障・人口問題研究所が行った第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)では、40代の独身者総数は1993人。

この調査は5年に1度行われており、発表に時間がかかるため、2020年の統計は出ていません。

しかし、過去のデータと比較してみると、40代の未婚率は年々上昇傾向にあると言われています。

出生動向基本調査から、40代の独身者を出したものを下の図にしてみました。

この図を見ると、2015年の独身者総数は1,993人。年々40代の独身者数は増え続けています。

と、言うことは…フリーの40代が多い時代!?

これを出会うチャンスと考えて行動すれば、出会いに繋がりやすくなるはずです。

「でも、どうせ若い世代が有利なんでしょ…。」

そんな声が聞こえてきそうです。

確かに、40代と聞くと不利に思えるかもしれません。ですが、厚生労働省が行った平成30年の人口動態統計の婚姻件数のデータを見てみましょう。

参考:平成30年【総計】都道府県別年齢階級別人口/人口動態統計・婚姻

40代の男女全てを足すと、総数なんと125,425件

40代で結婚している男女はこんなに居たなんて! もちろん単純に婚姻届けを提出した40代の数字ですが…

でも、意外と多くないですか?

40代からの出会いの注意点

40代からの出会い方で共通して注意したいのは、焦ってギラギラしないこと

特に、お目当ての相手が「出会い」を目的としてない場合、注意は必要です。

一人で静かに過ごしたい人、純粋にその行動や料理を楽しんでいる人、思考の整理をしにきている人… 様々な人が居ます。

自分が仲良くなりたいからと「出会い」を押し付けてしまうと、上手くいくものも上手く行かなくなります。

例え余裕がないとしても、ガツガツした様子は見せず、落ち着いて動しましょう

シニアフレンドが40代からの出会いにオススメな理由

もし、なかなか成果が上がらず悩んでいるのであれば、40代からの出会いの専門であるマッチングアプリを検討してみてはいかがでしょう。

本気の出会いの場を提供する「Senior Friend(シニアフレンド)」は、40代からの成熟した男女のための出会いの場として発足したサイトです。10代・20代の若い世代は登録できません。

また、本気で出会いを求める大人たちのためのサイトなので、冷やかし・なりすまし・詐欺などを排除するため、登録には男女共に身分証明書が必要になります。

もちろん既婚者の登録はできません。

また、結婚相談所のように本気度が高い集まりでありながら、足を運ぶ煩わしさはありません。

自分の都合のいい時間帯で、結婚・再婚などの婚活や、人生のパートナーを探す出会いの場として、活用できるのが「Senior Friend(シニアフレンド)」です。

これからの人生を共に歩むパートナーを探す手段として、「Senior Friend(シニアフレンド)」を活用してみませんか。