出会いの場を広げよう!中高年で趣味を持つメリットとオススメを紹介!

中高年になると、もう出会いがない…そう感じてくる人も多いのではないでしょうか。

ですが、そんなことはありません。先入観から、勝手にそう思い込み自分で交流を遮断している可能性があります。

若い時はもっと色々な人と出会いたいと、自分自身が考えて、行動を起こしていたはず。今は出会うことを目的としたパーティーだってありますから、その気になればいくらでも出会える時代です。

いやいや、ちょっとそこまでは…という人は、趣味を通じて仲間を作ることから始めてみてはいかがでしょう?

昔やりたかったことがある、挑戦してみたいことがあった。そんな趣味を心に抱えているのなら、思い立ったら吉日。

今日から行動を起こしてみませんか? 楽しいことをして仲間が増えれば、人生はより楽しくなるはずです。

ここでは、出会いの多い習い事やサークル、はじめる時の注意点などをご紹介しています。

 

目次

 

中高年が趣味を持つメリット

中高年で趣味を持つと、いいことがたくさんあります。例えば、

  • 生活にハリが出る
  • ストレス緩和
  • 若々しく健康的に
  • 認知症の予防

などです。

生活にハリが出る

当たり前のことですが、自分が好きなことをするので毎日が楽しくなります。

趣味のための時間を作ろうとするので、家事や仕事の効率が良くなり、充実した日々を過ごすことができます。

若々しく健康的になる

趣味の種類にもよりますが、運動やアウトドアを趣味とした場合、運動不足が解消されて健康的になります。体を動かすことで、老化を防ぎ若返ることにも繋がり、日々すっきりとした毎日を過ごすことができます。

ストレスが軽減される

好きなことをしていると、仕事や対人関係の嫌なことを忘れられます。リフレッシュできてストレスが軽減されるので、明日の元気のためにも趣味を持つことはオススメ。

認知症の予防

認知症を予防するために、趣味は効果的。実際に、認知機能低下のリスクを下げてくれる、という研究結果(※)があるそうですから、好きなことをして認知症を予防できるのは、一石二鳥ですよね。
※国立長寿医療研究センター・老化に関する長期縦断疫学研究(NILS-LSA)「すこやかな高齢期をめざして」

趣味を通して出会うメリット

趣味を通して出会うと、良いことがあります。例えば…

  • 上達がはやい
  • 価値観や話題が合う
  • 話が尽きない
  • 自然に仲良くなれる
  • 一緒にいる時間が長い
  • 過ごす時間が楽しい

など。

同じ趣味を持つことで、楽しい時間を共有することができます。価値観や話が合うので、一緒に過ごす時間が長くなり、自然とカップルになれる可能性が高くなります。

趣味を選ぶ時の注意点

趣味を選ぶ時に、下記の点を注意しましょう。

  • 本当に興味があることか
  • 出会いに焦りすぎていないか

自分が本当に興味のある趣味を選ぶ

出会いに繋がる趣味を選ぶことをオススメしましたが、あまりにも自分の興味とかけはなれているものはNGです。

あまりに興味のないものは、無関心な態度として出てしまうもの。純粋に趣味を楽しむために参加している人が多い中、興味のない態度ややる気の無さは、周囲の調和を乱し、雰囲気を悪くしてしまいます。

せっかくお金をかけて、習い事やサークルに参加するのに、自分が楽しめないことは時間もお金もムダだと思いませんか。

好きなことを純粋に楽しんでいる姿は、異性にも同性にも魅力的に映ります。

出会いに焦りすぎない

あまりにも「出会う」ことに重きを置くと、周囲が見えなくなり、ガツガツしてしまいます。相手を探したいと思っても焦りは禁物。

執拗に自分をアピールしたり、ところかまわず相手を口説いたりするような行動は慎みましょう。

「異性目当てを全面に出している」行動は、場の雰囲気を悪くします。まずは趣味を楽しむという事に集中しましょう。

また、お稽古事を始めたからといって、必ずしもパートナーが見つかるとは限りません。

お稽古事先で出会いを見つけるには「焦らず・のんびり」することがオススメです。

出会いの多い趣味の選び方

仲間やパートナーが欲しい場合、出会いの多い趣味を選びましょう。

グループで取り組む趣味を選ぶ

単独での趣味も良いですが、まずは複数人で一緒にできるものを選ぶことがおすすめ。

マンツーマンのレッスンも良いですが、グループレッスンを選びましょう。異性にかかわらず、仲間ができるので趣味がより楽しくなるし、上達するのも早くなりなす。

異性が多い趣味を選ぶ

出会いに繋げるためには、異性が多い趣味を選びましょう。

例えば料理教室のように、女性が多い趣味の中に入れば、男性はハーレム状態です。その逆で、囲碁のように男性の多い趣味の中に入れば、女性はお姫様になります。

出会いやすい趣味|オススメは?

実際に出会いに繋がりやすい趣味を、ピックアップしてみました!参考にしてみてください。

登山

ハマる人はハマる山登り。山ですれ違うと、知らないもの同士でも楽しげに挨拶を交わすのが当たり前のようになっています。

サークルと街コンを掛け合わせたような「山コン」というものがあるくらいですから、出会いが多い趣味の一つに挙げられるでしょう。

登山初心者で不安を感じる場合は、まずサークルや集まりに参加してみてはいかがでしょうか。

急に難易度の高い山に登らずに、近場の低い山から挑戦するのがオススメです。山登りで楽しんだ後は、BBQや温泉でまったりするケースも。そこから交流が広がるので、積極的に楽しんでみましょう!

旅行

「旅行」など知らない場所へ行くことは、非日常を味わえるので、自然と心も開きやすくなります。

ひとり旅

友だちと一緒に行く旅行も楽しいですが、ひとり旅には出会いのチャンスがあります。普段はシャイな性格でも、旅先ではつい知らない人と盛り上がること、ありませんか?

どこのスポットが良かったとか、ここが美味しい、偶然イベントが開催されている等の情報交換をしているうちに、一緒に観光名所を巡ったり、次回の旅仲間になることも。

旅は道連れと言いますから、ひとり旅同士は仲良くなるケースも多くあります。純粋に旅を楽しんでいたら、いい出会いが訪れるかもしれませんよ。

ツアーに参加する

ひとりでは怖い、という場合、ツアーに参加することをオススメします。国内のバスツアーから海外まで、様々なツアーが用意されているので、自分が行ってみたい場所を選びましょう。

中にはひとりで参加している人もいるので、いつの間にか仲良くなり、自由時間を一緒に行動することもあります。

次回のツアーは一緒に参加する、なんてことも耳にするので、ぜひトライ!

キャンプやツーリング

バイクが趣味だった人は、ツーリングを始めてみても良いでしょう。仕事が忙しく、車庫に眠ったままのバイクがありませんか?

また、定年後や長期休暇・早期リタイアなどで日本一周をしている中高年も見かけます。

あちこち巡っていたら、顔見知りになることも多く、いつの間にか仲間になっていることも多いようです。

ボランティア

街のゴミ拾いや、障がい者サポートなどのボランティア活動は、社会貢献ができるだけではなく、仲間が作りやすいのが特徴。

社会と繋がりが持てるので生活にもハリが出るのでオススメです。

当然ですが、自分が興味のあるボランティアに参加することと、やるからには真剣に社会貢献のために活動することが前提です。

集まっている人たちは、真剣に活動しているので、その気持ちがない場合、別の趣味を選びましょう。

スポーツ

スポーツは達成感と仲間との一体感が得られる、オススメの趣味。身体を動かすのは、健康のためにも良いので中高年にはもってこい。

社交ダンス

映画『Shall we ダンス?』(シャル ウィ ダンス?)の影響で始めた人も居るのではないでしょうか。

日本の1996年(平成8年)1月27日に公開された日本映画で、主演は役所広司と草刈民代。しがない日本のサラリーマンが社交ダンスの世界に踏み入れ、平凡な毎日に彩りを添えて行く姿がなんとも素敵でした。

社交ダンスは、ペアのパートナーと息を合わせて練習する、ハードなスポーツ。

社交ダンスは別名「競技ダンス」とも呼ばれていて、『Shall we ダンス?』でもあったように、大会も開催されています。

最初に覚えるまではなかなか大変ですが、普段着れないような素敵な衣装も身に着けられるので、上達したら楽しくなること間違いなし。

ゴルフ

男女問わず人気のあるゴルフは、実は出会が多いスポーツのひとつ。ゴルフスクールやゴルフバー、ゴルフサークルなどもあり、仲間ができやすい趣味。

ただし、基本的には個人プレーのゴルフですが、あまりに下手だと一緒にプレーする人に迷惑をかけてしまいます。

ある程度上達してから参加しましょう。激しい動きはありませんが、半日かけて歩き通しになるので、運動不足の解消にもなります。

釣り

浜ちゃんスーさんが盛り上がる「釣りバカ日誌」から、男性が好むイメージの強い釣りですが、最近は女性も多くなってきました。

ひとりでも出かけやすいので、始めやすい趣味のひとつ。単独で釣っていても、釣れた、釣れないの話から、釣り仲間に発展しやすいのでオススメです。

スポーツクラブ

筋肉量が落ちやすい中高年の健康維持のため、スポーツクラブなどで定期的に筋トレをすることは健康のためにもオススメ。

マシーンを使って個人でトレーニングするのが主ですが、スタジオレッスンに定期的に通い続けると、レッスン仲間を作りやすくなります。

また、なかなか続かないトレーニングも、誰かがいることで続きやすくなります。

ヨガ

女性が多いイメージですが、実は男性も多いヨガ。身体を伸ばすポーズは、肩こりや腰痛などにも効果が期待できます。

レッスン仲間同士、顔なじみになれば、食事やイベントなどで交流しているケースも。

自分の幅を広げることにもなるので、インストラクター資格などに挑戦してもいいでしょう。

マラソンなどの全国イベント

マラソン人工は1000万人ほどで、男女比率は男性のほうが多い趣味。

全国あちらこちらでマラソン大会のイベントが開かれているため、旅行がてらに参加できるという楽しみ方もあります。

無料で参加できる練習会や、サークルなどもあり、シューズさえあれば今からでもはじめられるという手軽な趣味。

一人で黙々と楽しむ趣味ですが、仲間を集って大会に参加してみたり、サークルに所属してみたり。出会いの輪を広げる事ができるスポーツです。

スポーツ観戦

身体を動かすのは苦手だけど、スポーツを観るのは好きという人には、観戦がオススメ。野球やサッカーなど、贔屓のチームがあればより楽しくなります。

チームのファンサイトや交流サイトに登録して、情報交換をしたり、ファン同士で応戦しているうちに、自然と仲間ができます。

日にちを決めて一緒に観戦したり、オフ会を開催して、出会いを増やすことができるでしょう。

お酒や食べ歩き

お酒や食に関する資格や勉強会は、たくさん開催されています。

ワインセミナーや利き酒のように、単独で参加できるイベントや講座にチャレンジしてみましょう。お酒が入り朗らかに話も弾むので、打ち解けやすいのも特徴です。

最近では昼飲みが流行っているようですから、得た知識を持って昼から軽く引っ掛けに出てみてはいかがでしょう?

また、食べ歩きが趣味!という場合、グルメサークルに参加してみるのもオススメ。きっと出会いが広がりますよ。

お付き合いをする上で、味覚の違いは結構なダメージになることがあります。

自分が美味しいと思うものを共有すると、関係は深まります。喜びを分かち合える相手と楽しい時間を過ごすことができます。

教室やサークルなどで学ぶ

ある程度年齢を重ねてからの学びは、発見や若い頃には無かった驚きもあり、とても楽しいものです。

料理教室

女性ばかりが行うイメージの料理教室。

最近では男性も多く見かけます。料理コンのように最初から男女の出会いを目的とした企画もあるように、出会いとしての料理教室は広まっている様子。

一緒に料理を作ることで、初対面でも会話しやすく、人柄もチェックしやすいというメリットがあり、更に自分の腕を磨けるという一石二鳥のスクールです。

英会話

外国人の観光客が多くなってきた昨今、英会話を身につけることは、自分のためにもなります。

講師とマンツーマンも良いのですが、オススメなのがグループレッスン。仲間同士、英語で会話をするシーンもあるでしょうから、気がつけば仲良くなっています。

英会話を習うきっかけは様々で、興味で習う人もいれば、仕事で必要に迫られて習う人も。様々な職種の人に出会うチャンスがあるスクールです。

芸術系

書道や華道、油絵や水彩画、陶芸など、芸術系のスクールは趣味と出会いの場として有効です。

個人個人で没頭して行う芸術系ですが、展示会など発表の場もあるので、自然と交流が生まれます。

昔やりたかったことや途中で諦めていたことがあれば、再びチャレンジしてみては?

パソコンスクール

ITの発展は目まぐるしく、ポケベルからガラケー、スマートフォンと、なかなか使いこなせない中高年の人も居るのではないでしょうか。

パソコンなんてもっての他と思うかもしれませんが、ある程度使えた方が自分のためにもなります。

パソコンを使いこなせば趣味が広がりますし、場合によっては身を助けることも。SNSを通じた出会いもあるので、苦手意識を克服してみては?

茶道

表千家、裏千家共に、茶道人口は270万人ほどと言われております。

その中でも女性の割合は9割といい、男性が趣味にされる割合は非常に少ない傾向にあります。

そのため、多くの女性と出会いたいと考えていらっしゃる中高年世代の男性には、非常にオススメできる趣味の一つと言えます。

カルチャースクールなどもあり、入門しやすく、広く門を開けている文化的な趣味の一つです。

お茶会を開いたり、道具をそろえたり、いくつになっても長く楽しめる趣味と言えます。

短歌・俳句

こちらもカルチャースクールなどが頻繁に開かれている、入門しやすい趣味の一つです。

短歌・俳句の人口男女比としては、女性のほうがやや多めですが、男性もそれに負けておらず、男女比としてのバランスも良いお稽古事です。

また、この趣味の平均年齢は50代から60代の層が厚く、同年代同士の出会いの場の切っ掛けにもなりやすいのが特徴。

昔から文字を書くことが好きだったり、文学的な事に興味がある方は、短歌、俳句のお教室など覗いてみてはいかがでしょうか。

音楽教室

大人になってから憧れだった楽器をはじめるという人に、音楽教室があります。

サックス、ヴァイオリン、ピアノなどなど、憧れだった楽器をはじめてみてはいかがでしょう。

楽器を趣味にしている人口は約500万人で、男女比は女性のほうがやや多い傾向にあります。

男性人口が少なめのため、男性が異性との出会いを目的に初めてみるには出会いやすい環境と言えるでしょう。

出会ってからの注意点

趣味を通しての出会いは、つい熱が入ってしまい、様々なことが起こります。せっかく素敵な相手と巡り会えたのに、台無しにしないように、下記のことに注意してみてください。

  • 闘争心が出る
  • 視野が狭くなる
  • 価値観の偏り
  • 趣味に飽きると関係が冷める

負けず嫌いの人にありがちですが、大好きな趣味だからこそ一番じゃなきゃイヤなの! というアナタ。

恋愛どころか、ライバル視していつの間にやら敵だらけ…そんなことにならないよう、あくまで楽しめるものをチョイスしましょう。

また、同じ趣味や価値観のもの同士でどっぷり浸かっていると、同じ考え方に偏って視野が狭くなりがち。

時には違う意見や価値観にも触れてみましょう。違うことを否定したりしてはイケマセン。

どんなにのめり込んだ趣味でも、さめてしまうことがあります。それと同時に関係にもさめてしまい、愛の終わりに…。

これはまあ、仕方のないことですから、きちんと和解した上で新しい愛へ目を向けましょう!

趣味を続けるコツ

せっかく好きな趣味を見つけても、性格によっては三日坊主になる人もいます。継続して続けるために、いくつか注意したいことがあります。

忍耐力をつける

初めて挑戦することは、すぐに上手にできるわけではありません。例えば、ゴルフはボールを打つことすら難しい。油絵を描いてみたら、まるで芸術は爆発。

やってみてできないと思ったとしても、少しの期間は根気強く続けてみましょう。継続しないと、楽しさがわかる前に投げ出すことになってしまいます。

お金の管理をきちんとする

年金や貯金を切り崩して生活している場合、趣味に使うお金を決めておきましょう。

生活を圧迫してまで趣味に費やすことは、リスクが大きすぎます。趣味に使える金額をきちんと把握しておきましょう。

また、選ぶ趣味によっては、お金がかかるものもあります。自分の懐具合と相談してくださいね。

生活を脅かすほどのめり込まない

一日に使う趣味の時間をきちんと決めておきましょう。

生活の時間を割いて、飲まず食わず、仕事に支障がでるほど、趣味に時間を使うことはオススメしません。あくまでも趣味は趣味。生活ありきで考えるようにしてください。

人生を豊かにするためにも趣味を持つことはオススメ

今回紹介した趣味はほんの一部。若い時にやっていた趣味や、興味があったけど、時間がないからと諦めていた夢があれば、今こそチャレンジしてみては。

あくまでも出会いのみを目的としないこと。出会いのみを目的にするのであれば、そういったパーティーへの参加がてっとり早いのは言うまでもないでしょう。

趣味を純粋に楽しんでいるうちに、かけがえのないパートナーに出会っていた…そんなプラスアルファがあれば素敵ですよね。

 

人生を輝かせるために、まず自分が輝ける趣味を見つけましょう!