習い事・趣味を始める時の注意点|中高年は出会いに繋がる趣味を楽しもう!

中高年世代が出会いに繋がりやすいお稽古事やサークルなどのご紹介をしてきます。

中高年の趣味や習い事の落とし穴

異性のパートナー目的に、新しく趣味を始めるという事はとても前向きな事です。

しかしながら、気を付けたいのが、その趣味が自分にとって、「本当に興味があるかどうか」という事になります。

異性目的に趣味を始める時に最も陥りやすい落とし穴の一つが、趣味の目的が異性との出会いに比重を置きすぎて、その趣味自体に自分は大して興味が無いという状態です。

趣味の集まりの場合、そこに集まる男女ともに共通の趣味を楽しんでいるという前提が重要になります。

相手の方も、貴方が同じ趣味を楽しんでいる事で始めて「気が合う」と判断してくれるため、逆に言えば異性目当てを全面に出してくる相手に対して、マイナスの印象を持ちます。

趣味のコミュニティから、異性目的で入会した方は存在が浮いてしまう事があるのです。

同じ趣味を語り合いたい、一緒に楽しみたい、そう思っている方にとって、異性目当てで趣味の場にやってくる方には良い印象を抱かない場合が多いのです。

そのため、趣味のお稽古事や、サークルなどで異性と出会いたいと考えているのであれば、まずその趣味自身を自分が楽しめるか、興味があるか、好きかどうかという基準で選ぶ事が最も重要になってきます。

趣味の場での出会いの秘訣は「焦らない」こと

趣味のサークルや習い事で相手を探したい場合、次に気を付ける事は「相手探しを焦らない」という事です。

ガツガツと相手に自分をアピールしたり、ところかまわず相手を口説いたりするような行動は慎みましょう。

そのような行動は、先ほど書いたとおり「異性目当てを全面に出している」と相手に捉えられてしまうからです。

お稽古場やサークルの空気を悪くしてしまいますので、最初は趣味を楽しむという事に集中されるほうが良いでしょう。

また、お稽古事を始めたからといって、必ずしもパートナーが見つかるとは限りません。

お稽古事先で出会いを見つけるには、焦らず、のんびり、いきましょう。

中高年世代の異性と出会える習い事は?

お稽古事は、文科系と、スポーツ系に別れてきます。

ゆったりと芸術や、文化的なことを楽しみたい方や、体を動かす事が好きでアクティブな方など、それぞれご自分の気質に合った習い事を選んだほうが長く続きます。

それぞれの特徴や、男女比率などご紹介いたします。

ゆったり文化や芸術を楽しめる趣味

体を動かす事は苦手、文化的な事に興味がある、長く趣味を続けてみたいという方にお勧めな、体をあまり動かさない趣味をご紹介いたします。

茶道のお稽古で和の文化に触れる

表千家、裏千家共に、茶道人口は270万人ほどと言われております。

その中でも女性の割合は9割といい、男性が趣味にされる割合は非常に少ない傾向にあります。

そのため、多くの女性と出会いたいと考えていらっしゃる中高年世代の男性には、非常にオススメできる趣味の一つと言えます。

カルチャースクールなどもあり、入門しやすく、広く門を開けている文化的な趣味の一つです。

お茶会を開いたり、道具をそろえたり、いくつになっても長く楽しめる趣味と言えます。

短歌・俳句などのお稽古で、言葉の美しさを知る

こちらもカルチャースクールなどが頻繁に開かれている、入門しやすい趣味の一つです。

短歌・俳句の人口男女比としては、女性のほうがやや多めですが、男性もそれに負けておらず、男女比としてのバランスも良いお稽古事です。

また、この趣味の平均年齢は50代から60代の層が厚く、熟年層同士の出会いの場の切っ掛けにもなりやすいです。

昔から文字を書くことが好きだったり、文学的な事に興味がある方は、短歌、俳句のお教室など覗いてみてはいかがでしょうか。

音楽教室での、憧れの楽器のお稽古

大人になってから憧れだった楽器を始めるという方は非常に多く、大人の音楽教室というような音楽教室も近年増えています。

サックス、ヴァイオリン、ピアノなどなど、ご自分の憧れの楽器を改めて初めてみるのはいかがでしょうか。

楽器を趣味にしている人口は約500万人で、男女比は女性のほうがやや多い傾向にあります。

男性人口が少なめのため、男性が異性との出会いを目的に初めてみるには出会いやすい環境と言えるでしょう。

市民交響楽団・ブラスバンドなどに参加

既に楽器の演奏ができる方や、かつて楽器を演奏していたという方は、市で募集しているアマチュア向けのフィルハーモニーや交響楽団などに参加してみるのはいかがでしょうか。

オーケストラを通じて、親睦も深めやすく、また一つの演奏を強力して練り上げていく楽しさがあります。

女性人口も多く、楽器を弾ける男性であれば大歓迎される場合が多いようです。

お料理教室への入門で料理上手に

何歳になっても料理ができる男性というのは女性からモテるものです。

定年を機ににお料理教室に通われる男性は多く、今まで料理ができなかったという方も料理を趣味に目覚めるという方も多いようです。

お料理教室は20代、30代の若い女性が多く、中高年同士の出会いには向かないかもしれませんが、料理ができるというのは男性のアピールポイントの一つにもなりますので、再婚や婚活活動の武器として趣味にしてみるのも良いのではないでしょうか。

中高年でもアクティブに!体を動かす趣味とは

体を動かしたい、スポーツ好きなアクティブな方が異性と出会うためにお勧めの趣味をご紹介いたします。

マラソンで全国のイベントに参加してみる

マラソン人工は1000万人ほどで、男女比率は男性のほうが多い趣味です。

全国あちらこちらでマラソン大会のイベントが開かれているため、旅行がてらに参加できるという楽しみ方もあります。

無料で参加できる練習会や、サークルなども様々あり、シューズさえあれば今から始められるという手軽さがあります。

一人で黙々と楽しめる趣味ではありますが、仲間を集って大会に参加してみたり、サークルに所属してみたりすることで出会いの輪を広げる事ができます。

四季を楽しむ登山・ハイキングを始めてみる

各社の旅行会社が、日帰りや1泊で参加できるハイキングや登山のツアーを組んでいます。

登山仲間が居なくても、旅行会社のツアーに参加する事で、新しい出会いにつながる趣味です。

登山やハイキングの趣味人口は750万人と言われ、男女ともに同じくらいの人口数です。

男女バランスが良く、また50代、60代の層が厚い趣味のため、セカンドライフから始める趣味や、中高年世代の出会いの場にもおすすめできます。

社交ダンスで憧れのダンスフロアに

社交ダンスは男女ペアになって行う趣味で、最も異性と近づける機会のある趣味の一つです。

趣味人工は160万ほどで、男女比は8割が女性のため、男性の方は大人気です。

女性一人では踊れない趣味のため、男性人口が増える事をいつでも喜んでくれる受け入れてもらいやすい趣味の一つです。

体が密着する趣味ですので、それなりの紳士的な行動やマナーが守れる男性が歓迎されます。
このような趣味を始めてみる事で、新しい出会いのチャンスを掴む事ができます。

趣味を楽しみつつ、一石二鳥を狙ってパートナー探しをしてみるのも、楽しいセカンドライフにつながるのではないでしょうか。

皆さまもぜひ新しい趣味を初めてみてはいかがでしょうか。

 

もっと詳しく読みたいなら!

出会いの場を広げよう!中高年で趣味を持つと良い出会いがある!?