再婚お墓事情|再婚に思いきれない中高年・熟年にありがちな不安とお悩み

熟年再婚をするときに、心理的なネックになりやすく、問題となるのが新しいパートナーや自分がどのお墓に入るかという問題です。

「死別離婚なんだけど前の夫のお墓はどうすればいいの?」「新しいパートナーには死別した妻が居るけどうすればいいの?」などなど、シニア層や熟年層には将来のお墓の不安は尽きません。

このように、せっかくシニアライフを充実させるために再婚活動を開始したものの、若いころの結婚と違い熟年再婚には色々考えなくてはいけない問題が出てきます。

これらの不安のせいで、前向きに活動できないとお悩みの方もいらっしゃいます。

一番デリケートな問題として、熟年再婚ではお墓をどうするかという問題がでてきてしまいますが、ご安心ください。

実際、皆さまの他の熟年再婚をされた方がどのような選択をしているのか、参考までにご紹介いたします。

 

 

納骨する墓をどこにするか問題、法律の定めはあるのかどうか?

熟年再婚の時、特に死別再婚同士の場合、お墓問題はよりシビアになってきます。

  • 前妻と同じだけど、今のパートナーのお墓に入るのか?
  • 実家のお墓に入るのか?
  • それとも死別した元夫のお墓に入るのか?
  • 新しく永代供養の契約をするのか?
  • 自分のお墓に継承者(管理者)が居ないときどうするのか?

熟年再婚や、死別離婚のの場合、お墓にたいしての疑問や選択肢が多すぎて、どうすれば良いのか決めかねるという場合が多くあります。

そもそも、死別離婚による熟年再婚の場合、法律的に自分が亡くなった後、納骨をどこにすべきかの定めはあるのでしょうか?

実際どこに納骨するかの定めは法的には特にない

結論からいって、お墓の扱いとして、埋葬法という法的なルールはありますが、それは個人の埋葬箇所を指定するものではありません。

熟年再婚の場合どこに納骨すべきか、どの家族と納骨すべきかというような内容ではなく、納骨するためには納骨堂と墳墓に埋葬するというだけの単純なルールになっています。

そのため、熟年再婚の場合に自分がどこのお墓に入るかは、個人の自由となっています。

今のパートナーのお墓に入っても良いですし、許されるのであれば実家や、死別したパートナーのお墓に入る事も法的にはなんら問題ありません。

実際のところ、お墓の所有者である家族や、お墓の管理者であるお寺さんの許しがあれば、どのお墓に入っても自由なのです。

その為家族との相談によって、お墓を決める方が多いです。

熟年再婚で一番多いのは、今パートナーのお墓に入る事

実際に、熟年再婚をされた方で、女性の場合は今の再婚相手の方のお墓に入るという選択をされる方が多いようです。

死別した元妻と同じお墓に入るのは何となく嫌だけれど、と思いながらも、入籍しているのであれば今の夫のお墓に入る、これが一番スマートな方法と言えます。

ただし連れ子や、夫の実家との家族関係が悪いなどによって、お墓の継承者である連れ子や親せきに反対され、現パートナーのお墓に入れないという事もあります。

このような場合には、また状況がかわりますので、ご自分の実家のお墓に入るという選択をされる方も居ます。

ご実家のお墓が立派で兄弟が多い場合は、供養の心配もありませんし、安心という方も多いです。

新しいお墓を建てる熟年カップルも多い

得にパートナーの方が長男ではなく、お墓の管理者でない場合、熟年再婚をしたカップルで新しくお墓を建てるという選択もあります。

  • 死別した前妻と同じお墓に入りたくない
  • 自分だけ今夫のお墓に入れてもらえないと言われた
  • 今夫の家族と折り合いが悪い
  • お墓の継承者に断られた
  • 夫が先に亡くなり、あとからお墓に入れてもらいにくい

などなどの理由の場合、新しく夫婦でお墓を建てる場合があります。

夫の方は、実家のお墓と、新しいお墓に分骨してもらう、などの事もできるため、夫婦水入らずのお墓なります。

新しいお墓の管理は、お二人の間に子供がいらっしゃるならお子様にお墓を継承してもらう事ができます。

また、お二人の間にお子様がいらっしゃらない場合は、永代供養などの契約をされる場合が多いです。

永代供養とは、院や霊園が管理や供養をしてくれる埋葬方法のことで通常33回忌までは面倒をみてくれます。

夫側の親戚や、お子様、ご実家の親族にお墓の事で迷惑を掛けたくないという方は、この永代供養を選ばれる方が多いようです。

お墓の継承者が居ない、埋葬以外の方法はあるのか?

親戚もおらず、お子さんもいらっしゃらず、永代供養もピンと来ない。

このような場合、埋葬以外の方法はあるのかという選択があります。

日本で許可されている埋葬の方法は以下の通りです。

  • 火葬・・・・一般的な埋葬方法、納骨堂やお墓に納めて供養する
  • 散骨・・・・火葬してから、海や川や山など故人の遺言に従い骨をまいてもらう。自治体によっては禁止されている場合もある
  • 樹木葬・・・墓石のかわりに埋葬箇所に樹木を植える方法。決められた樹木葬敷地に埋葬する

継承者がおらず、お墓を守ってもらう相手が居ない、お墓の管理者が居ない場合は、散骨などを選択される方も居ます。

埋葬方法などは遺言で指定できるため、再婚相手のお墓に入りたくない、実家のお墓も嫌だ、というような方ががこのような方法を選ばれています。

最近では、子供がおらずお墓を守る継承者の親族もおらず、無縁仏になるのがいやなので散骨を選ぶというケースも多いようです。

お墓の管理の不安について

特に死別した場合、前の夫、妻のお墓の管理について悩まれる方も多いようです。

新しいパートナーがいるため、元妻、元夫のお墓管理について相手に言い出せない、言いにくいという事もあります。

その場合、お墓の管理として最も適しているのが、お子さんがいらっしゃる場合はお子さんに任せるという方法です。

また子供が居ない場合は、前夫の兄弟や両親などにお願いするのが一般的です。

お墓の管理については、ご自分一人で悩んでも答えはでません。

親類縁者に相談し、どう管理していくかについて話し合う事が大切です。

いかがでしょうか。

お墓に対する不安で最も多いのが

  • どこに入ればいいのか
  • 誰に管理してもらえるのか

この2点だと思います。

この二つさえ決めておけば、熟年再婚をした後いざという時に困る事はありません。

結婚する前に、お墓はどうするのか、どうしたいのか、パートナー同士でお互い話し合っておく事が重要です。

また、どちらかが早世したときに慌てないためにも、生前からお墓について話し合い、お墓を新しく作る場合は生前に予約をしておくなどの準備も必要です。

お墓のことが気になってせっかくの熟年再婚が楽しめないと悩む場合は、生前相談などをしてくれるサービスもありますので一度夫婦で相談してみるのが良いでしょう。

熟年再婚に興味はあるけど、お墓のことを考えると気が重い・・・・そういう方は、一度しっかりお墓の事を考えて、どうしたいかだけを決めておけば気も晴れるのではないでしょうか。

是非皆さまも一度じっくりお墓の問題に向き合ってから、熟年再婚にむけて活動をされてください。