【40代女性の婚活】成功体験談が聞きたい!アラフォーの結婚事情

中高年になってから、新しい相手と恋愛し、結婚に至るまでには並々ならぬエネルギーが必要です。

もしなかなかいい出会いが無く、諦めかけているのであれば、こんな体験談はいかがでしょう。

皆さまのこれからの活動の糧にしていただければと思います。

女性:山本さん(仮名)の場合

Q、40代になってから、パートナー探しの活動をしようと思った切っ掛けを教えてください。

私は30代後半で1度離婚を経験しています。

もともと専業主婦でしたが、相手側の浮気が原因で、子供も居ない事から離婚になりました。

その後は一人で働いて暮らしていましたし、もう男性とお付き合いするのは二度とごめんだと思っていました。

自分で思っていた以上に、浮気をされたことがトラウマだったみたいです。

でも45歳を過ぎたころから、なんとなく寂しさを覚えました。

このまま一人で死ぬんだろうか、女として愛されないままでいいのだろうかと思ったら居てもたっても居られない気分になって、気が付けば恋人を探すために相談所に入会していました。

Q、40代後半からの恋愛活動についてどのような気持ちでしたか?

実際、私がパートナー探しの活動を始めたのは、40代後半でした。

もうおばさんだし、私の相手をしてくれるような男性は居ないだろうなと思っていたのが正直なところです。

最初は友人に勧められて出会い系アプリを使っていたのですが、やはりおばさんはお呼びじゃないみたいで、まったく男性から相手されず、デートできませんでした。

後から調べてみたら、使っていた出会い系アプリは、20代30代男性の利用が多いサービスだったみたいで、そりゃそうよねと今では笑い話ですが。

でも、活動を始めた当時は自分の女としての価値がもう無いみたいで辛かったです。

惨めだわ、なんて思ってました。

Q、そんな中で婚活を諦めなかった理由はなんですか?

やっぱり寂しい、一人で死んでいくのは嫌だという思いが強かったことでしょうか。

でも、正直自分の女としての価値はもうないのだと現実を見たような気分で、パートナー探しはかなりナーバスになってました。

そんな時に、「中高年向け」の結婚相談所がある事を知って、私のターゲット層ってここだったんだと思って入会しました。

結婚相談所ですので、真面目な出会いを求めている方も多くて、自分に合ってる気がしました。

Q、中高年向けの結婚相談所への入会の決め手は何でしたか?

自分は自分が「中高年」なんてカテゴライズされることに、正直最初は反発心がありましたよ。

今思えば恋愛アプリを使っていたのも自分が若いつもりだったからかもしれません。

でも、中高年というカテゴリーに自分が属するのだと認めてしまうと、あとは何というか安心感がすごくありました。

やはり中高年に限定した結婚相談所というだけあって、登録されている方は私と同じ年の方とか、もしくはもう少し年上の方ばかりですよね。

その中に入ると、私は「若さ」が無い事卑屈になる必要が無い事に気が付きました。

自分の年齢をネックに感じる必要のないフィールドで活動できる事に安心感を抱きました。

入会してみると、沢山の男性からお声がけいただいて、すごくうれしかったのを覚えてます。

Q、中高年向けの婚活サイトでの楽しい事、逆に嫌な事はありましたか?

楽しいのは、やっぱり自分と同世代の男性と沢山出会える事ですね。

女性は「若さが無い」ともう人生楽しめない、恋愛できないと私自身思い込んでいたんですが、そんなこと関係ないんだってことを実感できました。

女として勝手に諦めていたのが、私はまだ女として求められるんだっていうのがすごく人生の張りになりましたね。

逆に嫌だと思った事は、もちろん沢山の男性とデートするので中には失礼な方も居ました。

この人はちょっと・・・というような方ももちろん居ます。

ですが、それは若い方の婚活と同じだと思いますね。

嫌な事よりも、楽しい思い出のほうが多いです。

Q、活動してからどのくらいで恋人ができましたか?

私の場合は、入会してから3カ月ぐらいでお付き合いしたい人と出会いました。

それまでに10人ぐらいの方とデートしましたよ。

その中で出会った人とは、最初から同じ趣味で話が盛り上がって、3回ぐらいお食事をした後向こうから告白されました。

その方は私より年上で、当時は50代前半でした。

一緒に居てすごく安心できる人で、私の寂しさを埋めてくれるのはこの人だって思いました。

Q、その方と再婚はされるのですか?

今のところまだ再婚の話は出ていませんが、なんとなく「一緒に今後の人生を過ごそうね」と言う話はしています。

籍を入れるのは急ぎませんし、あちらも息子さんがいらっしゃるみたいなので、入籍しなくても通い婚とか週末婚とかでも気楽でいいんじゃないかしら。

それでも一人で生きている時より、毎日楽しくて、本当に幸せだと思います。

Q、最後にこれから活動を始める方にアドバイスなどありますか?

私は女性の立場なので、女性の方向けにアドバイスしますね。

私は自分の年齢にとてもネガティブな思いでいました。

もう今更恋愛なんて遅いんじゃないか、おばさんなんか誰も見てくれないんじゃないかって思ってました。

ですが、そのような惨めな思いをするのは、そもそも相手を探すために活動をする場所が間違ってたからです。

自分を求めてくれる人が居る場所があれば、自分の年齢をネガティブに考える必要はないんです。

なので、ご自分が「若さ」で勝負できない事にネガティブになっている方こそ、同い年の男性と出会える場所で活動されるのがいいと思います。

中高年向けの出会いは、自分に合ったフィールドで勝負する

山本さんがパートナーと巡り会えたことは、やはり自分が勝負できるフィールドに合った出会いの場で活動したからです。

最初は若い人が多い出会い系アプリを使っていたという山本さんですが、自分の年齢に合うサイトでの活動に切り替えた途端に新しいパートナーと巡り会っています。

女性はどうしても男性から求められる事に「若さ」が必要だと思い込みがち。

しかしながら、その年齢による足切りは自分自身の思い込みである場合も強いのです。

40代だから50代だから、もう恋愛なんて無理。

私は若くないから恋人なんてできない。

そう自分で自分を否定するのではなく、もう少し広い視野を持って異性と出会える場に踏み出してみてはいかがでしょうか。

時間は有限です。足踏みしているなんて勿体無い! 今こそ、新しい世界に飛び出してみてはいかがでしょう!