中高年はクレーマー世代?クレーマー気質の方とはお付き合いしない方がいい理由 

世の中には何かとクレーマー気質の方は存在します。

ちょっとしたことでお店の方に文句を言う、たとえ何かしらお店の人の失態があった場合でも「そこまで言う必要があるのかしら」というほど怒りを継続させるようなケースもちらほら。中高年の恋愛で、クレーマー気質の方に出会ってしまった場合、お付き合いをしない選択をオススメします。何故なら…

中高年はクレーマー世代って本当?

中高年はクレーマー世代と思われやすいかもしれません。確かに、歳を重ねたぶん中高年の方が、頑固で文句も多いかもしれません。ですが、年齢や性別に関わらず、クレームをつけるタイプは存在します。

もし、貴方が出会ったお相手がこの手のタイプの場合、お付き合いしない方が良い理由をご紹介しましょう。

デート中の店員に対する態度にクレームをつける彼へ違和感

お付き合いを開始したばかりのお相手というのは、まだまだ相手の方がどのような性格なのかわかりかねる部分があります。

その人の本質というのは、長く付き合わないと中々見えてこなかったりしますが、それでもお付き合い開始の頃からちょっとした違和感があるものです。

例えば、デート中の店員に対する態度です。

結婚相談所で熟年再婚活動を頑張ってらっしゃる57歳のA子さんは、このような体験をされたそうです。

A子さんの体験談

お付き合いを申し込まれたのは、先月の事で、とても紳士的で優しい男性でした。

いつもニコニコしていて何だか母性本能をくすぐるような性格の方で、とても素敵な人です。

私も「この方なら優しそうだわ」と思ってお付き合いを始めたのですが、最近ちょっと気になる事があります。

それが、デート中の店員さんに対する彼の態度なんです。

ちょっと料理が出るのが遅い時、まるで性格が変わったかのように形相が代わって、烈火のごとく怒りだして店長を呼べなんていいだして。

アルバイトの子なんて高校生ぐらいのお嬢さんなのに、そんな子相手にものすごい形相で30分もクレームをつけててちょっと怖くなってしまいました。

恥ずかしいからやめてほしいと思ったのですが、彼はいつも店員の前になると本当に横柄な態度になるのです。

私はこのままお付き合いしても良いのでしょうか・・・・・

このようにA子さんの体験談ですが、皆さまもこのようなお店の店員にだけ態度が変わるような異性とお付き合いされた事はありますでしょうか?

実際、このようにA子さんに対してはニコニコと紳士的ですが、目下の店員に対して烈火のごとくクレームをつける二面性のある男性です。

果たしてこのままお付き合いしてA子さんは幸せになる事ができるのでしょうか?

クレーマー気質はDV体質の予備軍

結論から申し上げますと、A子さんはこちらの男性とのお付き合いを取りやめになられた方が安心かと思われます。

なぜならば、店員にしつこいクレームをする、立場の弱い人間に対して態度が変わるという人の多くは、DVの気質を持っているからです。

今はA子さんはただの「お付き合いしている女性」であり、この彼所有物として確定していません。

そのため彼は外面を装っています。

しかしながら、A子さんが内縁関係になったり、熟年再婚をして入籍した途端恐らく男性の態度は豹変し、この店員に対する横柄な態度をA子さんにも取り始める事になります。

なぜならもう入籍してしまっているので、本性を現してもA子さんが逃げられないからです。

DV気質を持つ方の多くは、一見して最初は中々見抜けないと言います。

DVの異性とお付き合いしてしまった方のほとんどが、相手の方に対して最初はこのような印象を持っています。

  • 笑顔で優しげ
  • 女性には紳士的

そうなのです。DVをする人は最初は優しそうに見えるのです。

そのため、デートをしていても、初対面の印象のままずっととても素敵な人のように見えますがこれらはすべて外面なのです。

しかしながら、店員などの自分が強く出れる人間の前では、本性が出てしまうのです。

またプライドが高く自分の意見は絶対に曲げないなど、意固地な面もあります。

このようなところから相手の二面性を見抜いていかなくてはいけません。

DVは暴力だけにあらず、精神的なDVにも注意

また、一般的にDVと言えば暴力を振るわれるというようなイメージが強いかもしれません。

しかしながら、精神的に虐待をする精神DVや、経済的な面で孤立させる経済DVなどもあります。

結婚した途端急に自分をバカにするような言動がパートナーから言われる、またはパートナーが一切お金を入れてくれないなど、結婚した途端豹変する事が多く婚前の頃は「まさか自分がこんな目に合うとは」というような方ばかりです。

DVをする性格異常な人間とパートナーになってしまわないためにも、結婚前のお付き合いの段階で「この人なんか変だわ」と思った事を見逃さないようにするしかありません。

クレーマーから起こりうる精神的なDVとは?

精神的なDVには主にこのような特徴があります。

  • 無視をする
  • 別れる、離婚するなどと脅す

 

無視をする精神攻撃

喧嘩をしたとき、一切話し合いができずに無視をしてくる異性は要注意です。

無視をする事で話し合いができず建設的な解決方法を模索する事ができません。

普通は喧嘩して無視をするのは一時的ですが、ずっと相手を無視する事で相手から「自分が悪かった」と折れるようコントロールしているのです。

悪い言葉でいえば、無視をされた時にそれに我慢できずに相手が謝ってくるまで無視を続ける事で相手をそう調教しようとしてきます。

喧嘩をした時に相手を無視し続ける人は、精神的なDVの特徴です。

 

別れる、離婚するなどと脅す精神攻撃

また、喧嘩をしたときにすぐに「離婚する」や「別れてやる」というように関係を壊す言葉で脅すのも精神DVの気配があります。

別れたくない、離婚したくないという気持ちがあるためにそれを言われてしまうと、どんなにこちらの言い分が正しくても「謝るしかない」からです。

そうする事で言葉で脅して相手を支配しようとするのが精神DVをしてくる人間の手法です。
このように、無視をしてくる、すぐに別れるなどと脅してくる相手を熟年再婚のパートナーと選ぶべきではありません。

 

嘘をつく

またDVをするような相手は嘘つきが多いです。

ちょっとした事でくだらない嘘をつく、周りの人にいい顔をしようとして嘘をつくなどの行動がみられる相手も警戒が必要です。

 

 

いかがでしょうか。お付き合いをしている相手にちょっと違和感があるとき、それをそのまま無視せずにその違和感を深く掘り下げてみてください。

このような直感に従う事は、その後の貴方の人生の分岐点になるかもしれません。

DVをするようなパートナーと間違って熟年再婚してしまわないためにも、ちょっとした違和感を見逃さない、気のせいだと思わないで深く追求していく勇気も必要です。