居酒屋・バーは出会いに繋がる?|中高年で一人飲みに挑戦する注意点

新たな異性との出会いは、家に引きこもっていては、いつまでたっても出会えません。

「周りに良い男が居ない」

「周りに素敵な独身女性が居ない」

と言う人ほど、受け身で待ちの体制の人が多く見られます。

自分から相手と出会えるような場所に足を運ばず、自らチャンスを逃していませんか。

毎日仕事と家を往復していても、劇的な出会いは訪れません。

今回は、中高年の人がパートナーと出会うための1案として、一人飲みについてのお話です。

中高年同士の出会いに一人飲みが向いている理由

女子会で人気のオシャレなお店や、学生が利用する安居酒屋なのではなく、住まいの近くにある個人経営の居酒屋やBarなどは、一人で飲みに来る人が多数。

このようなお店で一人で飲んでいると、一人同士で会話が始まったりします。

お酒の席ですので、素面の時よりも話しかけやすい雰囲気になるからでしょう。

地元の居酒屋であれば、同じ地域に住んでいるので、飲み友達にもなりやすいのが利点ですね。顔見知りになると、今後の関係も発展しやすくなります。

女性の場合は、一人で飲みに行くのが「恥ずかしい」「物欲しげに見えるのではないか?」と思われるかもしれません。

しかし今の時代、雑誌などで一人飲み特集など組まれていますし、女性の一人飲みを歓迎するお店も増えてきています。

もちろん趣味で一人で静かに飲みたい、という人も居るでしょうから、その辺りの見極めは大切になってきます。が、出会いや交流を求める場としても有効な手段。

一人飲みの注意は「既婚者」かどうかの見極め

一人でお酒を飲んでいると、驚くほど異性から声を掛けられたリ、また自分から声を掛けたりするようになります。

お店の常連になると、いつも顔なじみの相手と一緒に飲んだり、交流が生まれる事も多くあります。

この時、異性との出会いを目的に一人の身をするときの注意として、相手の方が「既婚者」かどうかをしっかり見極めましょう。

生涯のパートナーが欲しいのに、既婚者とお付き合いしてはトラブルになるばかり…。

一人飲みの場合は、お互いパートナーを求めている出会いパーティーや、お見合いツアーと違って、普通に飲み友達が欲しい既婚者や、不倫目的で声を掛けてくる既婚者も含まれています。

一人飲みにオススメな「Bar」とは

一人飲みをした事がなく、いきなり居酒屋などに行くのはハードルが高い…。

その場合、もともと一人飲みに適しているBarなどはいかがでしょう。

もし、勇気が出ないのであれば、1件目は友人と一緒に居酒屋などでお酒を飲んで、友人と別れた後、一人でBarに行ってみるという流れなら行動しやすいかもしれません。

1件目でもうお酒を飲んでいるので、気分も高揚しており、2件目のBarに入りやすい状態のはず。

ここでお店に慣れてしまえば、次からは行きやすい雰囲気になります。

お店の店員と顔見知りになれば、あとはもう慣れたもの。

Barの場合、毎週決まった曜日に顔を出す常連も多いので、ご自分も一人飲みするときは決まった曜日に飲みに行くなど、通いやすい環境を作りましょう。

内気な人は、混雑する金曜日ではなく、平日の方が空いていて入りやすいかもしれませんね。

Barは遅い時間のほうが混んでいるので、出会いや交流を目的にするのであれば、やはり2件目の時間帯に入るのがオススメ。

中高年男性は「相席屋」もオススメ

相席屋とは、異性同士の出会いを目的とした居酒屋やBarのこと。

詳しくはまたいずれかの記事でご紹介いたしますが、女性は飲食費が無料であるのが特徴の一つ。

男性側が女性の飲食費を持つシステムになっています。

入店した後、男性と女性がそれぞれお互いまったく知らない人同士が「相席」して、会話を楽しんだり出会いを楽しんだりする事ができます。

そもそもが異性の出会いを目的とした居酒屋ですので、出会いの場として行ってみるのも楽しいかもしれません。

女性は20代が最も多く、続いて30代40代の女性が利用しています。

男性の場合も20代の利用が多く、30代から50代ぐらいまでの男性が利用しています。

同世代の女性や婚活など、落ち着いた出会いを求める場合は向きませんが、若い女性とのお付き合いを狙っている男性にはおすすめです。

一人飲みで注意するのは「飲み過ぎない」こと

一人飲みをするときに男女ともに気を付けていただきたいのが、飲み過ぎてしまわない事。

一人で飲む場合、最初は手持ち無沙汰になってしまい、ついつい酒の量が進んでしまう可能性があります。

飲み過ぎてしまい、せっかく異性から声を掛けられても翌日には覚えていない、連絡先を交換していない、などの失敗談もおよく耳にします。

また酔いすぎて、粗相をしてしまい、自らの出会いのチャンスをつぶしてしまう事も考えられます。

飲み過ぎると相手に対して失礼なことを言ったりする失言も、自分の意図しないことをしてしまう可能性もありますので、何事も呑み過ぎないことが一人飲みでは一番重要になります。

酒は飲んでも飲まれるな

中高年の方なら良く知った言葉でしょうから、くれぐれも気を付けて楽しんでくださいね!

一人で飲んでいる女性に声を掛ける時

続いて男性の場合、一人で飲んでいる女性にお店で声を掛ける時気を付けたい事をご紹介。

お店で一人で飲んでいる女性は

  • 異性との出会いを求めて一人で飲みに来ている
  • お酒が好きで一人で飲みたい気分

のどちらかが想定されます。

後者の女性に声を掛けたとき、相手の目的を察する必要があります。

一人で飲みに来ているからといって、異性から声を掛けられたいとはかぎりません。

本当にお酒が好きで、一人で飲みに来るのが好きな女性や、仕事でイライラして一人で飲んで憂さ晴らししたいなど、女性も男性と同じように一人でいたい気分の時があります。

もし声を掛けた時、断られたからといって、罵ったりしつこくするのはマナー違反。

女性が「すみません、今日は一人の気分なので」と言ったり「もう食べ終えたのでお店を出ますので」と言われた場合は、相手の女性は一人で居たい気分なので放っておいてあげましょう。

逆に異性との出会いを目的にしていたり、コミュニケーションを楽しむために一人飲みしている女性は、声を掛けた時にニッコリ笑って話を聞いてくれるはずです。

 

異性との出会いの場は、何もお見合いパーティーやお見合いツアーだけではありません。

このように普段、ふらりと一人飲みしてみることで、新しい人との出会いが待っているかもしれません。

周りに出会いがまったくない、そう思うなら、普段はしない行動を起こしてみてはいかがでしょう!