「条件は悪くない」40代男性が婚活で苦戦するのは何故?対策と婚活方法

40代の男性が婚活していると、なかなかうまくいかずに迷走している人を見かけます。

それには多々要因があります。例えば年齢。年齢の壁は女性だけ、と思っているなら大きな間違い。40代では少々不利になります。

しかしスペック次第では、その壁を壊すことができるのも、男性の特権。

ですがどんなに条件が良くても、一向に婚活しても結婚できない男性がいます。「条件は悪くないはずなのに…」何故うまくいかないのでしょう?

目次

男性も厳しい年齢の壁

婚活市場で、女性ばかり言われている年齢の壁…実は男性の方が厳しいことも…。婚活に置ける、男性年齢の一般的なイメージを集めてみました。

「普通の男性ならば30代後半ともなると見た目でアウトになることが多いです。

よく男性は経済力と言われますが、見た目も相当大事です。

女性も男性は経済力だ、と思って婚活しますが、見た目でアウトになって婚活が進まない人はたくさんいます。」

「40代との事ですので、もし30代女性が希望であれば30代の男性よりはもちろん不利になりやすいかと思います。」

「40前半だと30後半に比べて20代のちゃんと仕事をしている女性からは中々相手にしてもらえませんでした」

「20代の婚活中女性です。公務員で40代なんて条件悪いです。定年まであと何年ですか?…(中略)30代後半から同世代の女性とかどうしても20代がいいならバツイチのお子さんがいる女性とかでないと相手にされないと思います。」

「20代~30代半ばの女性も「自分と同年代の男性がいいな,義親とは別居希望」などと願望があると思います。

40代以上を希望!!っていう女性は,少数派と思います。」

そうなんです。

女性だって、強制されないのであれば、自分よりもはるかに上の年齢の男性は…。

婚活市場で、そのことに気が付かないぶん、男性のほうが手遅れになっていることも。

これを挽回するのが、年収や職業による条件です。

婚活がうまくいかない原因

婚活がうまくいかない40代にありがちな原因として、

  • 年収が低すぎて除外される
  • 身だしなみなどの外見で清潔感に欠ける

などがあります。

しかし、これらをクリアしているにも関わらず、なかなか成婚しない…という男性がいます。なぜ断られてしまうのでしょう?

まず、年収が高く見た目にも問題がないのに、40歳まで初婚の男性には、何か他の問題があるのでは…と心配されてしまうことが一つの原因として挙げられます。

いわゆる「性格的なもの」を心配してのこと。

女性が条件が全てで婚活していると思われがちですが、実は目に見えない内面を見ている女性は多く存在します。

例えば…

相手を下に見ている

プロフィールでAランクの女性と成立せず、Bランクの女性としか成立しないから、もう一回会おうとという気になれないと言う40代後半の男性。

「自分も人のことをどうこう言えないのですが、相手はアラフォーばかりで、ルックスもそれなりで、婚活を休んでも時間が経過するだけでもったいないから我慢して続けてます。」

しかし、男性ばかりが若さを好むわけではありません。親が決めた年上男性と結婚する昔と違い、今は女性も選べる立場です。年齢があまりにも離れた相手と結婚する必要は、もうありません。

「高年収は決して万能ではありません。年齢とのバランスですから。

お見合い出来る女性のレベルがあなたの価値ということです。

それでも四十代後半なのにルックスそれなりのアラフォーとお見合い出来るなら十分恵まれてますよ。

平均的な年収のアラフィフ男性はアラフォー女性には相手にされませんから。」

「Aランクとお見合いが成立しないのは年収+年齢を見てるから貴方は選ばれないのです。」参考:Yahoo知恵袋

 

年収が高い、地位がある、ルックスも悪くないなど、自分に自信のある男性の多くは、若い美女じゃないと自分とは釣り合いが取れないとどこかで思っているふしがあります。

しかし高収入で性格的に問題がなければ、もう結婚していても不思議ではありません。

とんでもない富豪でなければ、結局最後は内面の良さで男性を選ぶ女性も多いので、女性を下に見ている男性と一緒になっても、幸せになれない…と思われているかもしれません。

解決策

解決策としては、お金が大好きでお金の為だけに自分と結婚してくれる、若く美しい女性と契約結婚を申し出るか、女性のストライクゾーンを広げるしかありません。

契約結婚の場合、それ相応の年収が必要であることと、年収が下がれば場合によっては捨てられる可能性がありますが、理想の女性と暮らすことが可能です。

ストライクゾーンを広げる場合、条件で絞っていたぶん、間口が広くなるので、優れた容姿の人に出会える可能性が高くなります。

例えば、シングルマザーやバツイチ、遠方に住んでいる女性でも、若く美しい女性は存在するので、若さと美貌を重視するのであれば有効でしょう。

子供が欲しい

結婚するのであれば、子供が欲しい。そう思う男性も多いようです。

しかし、あまりにも子供を産むことを前提にして、若い女性を探す場合、相手女性が子供目当てではないかと不審に思ってしまうようです。

解決策

女性は、自分を大事にしてくれる男性を選びます。

まずは、出会った相手を見ましょう。

知り合って日が浅い状態で、子供子供言われると、「子供産むマシーンと思っているのでは…」と不安な気持ちになってしまいます。

まずはお互いが人生のパートナーであることを意識し、二人きりでもいいと思える相手を探すことです。子供はその後に話し合いましょう。

『新しい命を送りだしたい。教育をつける財力はある。』で子供を産み、女の人が『このひとの子どもなら産んでもいいかも。』となるのです。

女の人にそう思ってもらってこそです。参考:Yahoo!知恵袋

そう、まずはお互いが選ばれる立場にあることを忘れずに婚活してください。

性格や生活の不一致

そもそもの価値観が違いすぎると、一緒にいられないと感じる人は男女問わず存在します。

「本日二人の方とお見合いをして、二人ともお断りしました。

優しい感じの方でしたが、価値観が違う感じがしたためお断りしました。」

参考:Yahoo!知恵袋

価値観の違いから破局した女性の声で、

「価値観が違う。だから結婚できない。と言われてしまうのも彼との価値観の差ですよね。彼は価値観の違う私を選べなかった、結婚したいと思えなかった。」参考:発言小町

というものがありました。

「価値観の違う人とは結婚出来ない」と拒否するのも、「価値観は違って当然」と受け

入れるのもその人の価値観次第です。

一方が拒否してしまえば、結婚は成り立ちません。

解決策

40年生きてきた価値観を、婚活相手に合わせて、今から変えるのは至難の技。

自分を今から変えても一緒に居たい、と思う相手ではなければ、価値観の合うお相手を探したほうが無難です。

また、価値観の違いについてこんな意見があるように、お互いの性格や価値観を受け入れ、ある程度お互いが改善し合うというのも一つの手。

「価値観が違っても、それを認め合い尊重しあえる人ならいいと思います。自分以外の他人と、価値観がぴったりというのはやっぱりなかなか難しいです。」参考:Yahoo!知恵袋

至らない部分は改善する気持ちを伝えることで、相手も安心するでしょうし、少なからず好感度は上がります。

地方のハンデ

現代の日本の感覚では、女性側が全てを捨てることになるケースが多く、なかなかうまくいかないのが現状です。

女性側がキャリアを捨てたくない、周囲の友人との付き合いを捨てたくないなど、なかなか難しい問題があることも。

例えばこんな声。

「やはり知らない地方の土地に嫁ぐのは、よっぽど好きな相手かよっぽど後がなく追い詰められてない限り厳しいです。」参考:Yahoo!知恵袋

どんなにお互いが良い人だと思っても、相手だけに負荷がかかる結婚であれば、成婚するのは難しくなります。

容姿や年齢ではなく、他の条件で成婚しないという場合も同様です。相手の条件とマッチしていない可能性があるので、条件をもっと広くして、お相手を探してみてください。

解決策

地方であるハンデを少しでも減らす努力をしましょう。

例えば、

POINT ポイント

  • お互いが中間地点くらいで転居可能である意思表示
  • デートは自分がお相手の所まで出向くか、最悪お互いの中間地点

など、女性だけに転居の負担をかけないような配慮を心がけましょう。

もし、中間くらいの転居が難しい場合は、

POINT ポイント

  • 転居費用をある程度持つことを伝える
  • 相手が仕事を辞めずに済む方法を一緒に考える

など、事前に一方的に負担をかけない意思があることを伝えましょう。

例えば…転勤についてまわる女性のこんな声がありました。

「結婚してから思いますが、主人は転勤族のため、私は近くに親も友達もいません。

平日はほぼワンオペ育児です。

頼れるのは主人だけです。

もし、たいして好きでもない人と条件だけで結婚していたら…と思うとゾッとすることが多々あります。

つまり、どんなに条件が良くても、最後は人間性です。」参考:Yahoo!知恵袋

自分の人間性をみてもらえる女性に出会う。そのためには、お相手を思いやる気持ちがあることは、絶対的な「条件」です。

結婚する気や愛情がない

そもそもマッチングしない原因に、

「真剣に向き合っていない」

「結婚に対して本気になれてない」

「愛情がないことを察知される」

など、真剣に婚活する気がないことがあります。

なんとなく結婚したいから、なんとなく婚活しているだけでは、結婚に至るには難しいでしょう。

相手は真剣に結婚相手を探していますから、その気がないと察知します。

正直、相手から見たら、「愛情」が感じられないのでは・・・。どんなに、優しそうでも、やはり分かっちゃうもんなんです・・。

参考:Yahoo!知恵袋

特に女性は敏感なので、相手に愛情がないことが分かると…結婚するには至りませんよね。

解決策

根本的な問題である「結婚とは何か」を考えてみましょう。

これから生活を共にする女性を探すのですから、腹をくくって「結婚」と向き合うことが重要です。

一緒に生きて行くのだと、意識できる相手を見つけることから始めてください。

40代からの婚活方法

婚活難民になる男性には、その婚活方法が間違っている場合もあります。若い頃と違い、合コンや飲み会に参加していても、結婚相手には出会えません。

まずは、自分を「結婚相手」として受け入れてくれる女性と出会わなくては何も始まりません。

出会うために全力を注ぎましょう。

上記でご紹介した対策を念頭に置いて、間口を広げ、目的がはっきりとしている婚活サービスで活動しましょう。

もし、容姿や年齢ではなく、内面の美しさを求めているはずなのに、成婚しないという場合も同様です。

相手の条件にマッチしていない可能性があるので、もっと間口を広げて、自分が条件にハマる幅を広げてみてください。

間口が広い「婚活アプリ」

婚活アプリは、いわゆるマッチングアプリのこと。オンラインですから、全国どこでも時間を気にせずお相手を探すことが可能です。

間口が広いぶん、容姿も価値観も様々な女性が多くいます。例えば、住んでいる環境を変えたいと願う相手や、子供が欲しいと願う相手を探すことも可能です。

もし、もう利用しているが、なかなか出会えないという人は、対策をした上で利用するマッチングアプリを見直しましょう。

POINT ポイント

  1. 「婚活」アプリであること
  2. 「年齢」がマッチしていること

 

まず「結婚」を視野に入れているので、既婚者はNGであることは絶対条件。そして、40代の男性が、20〜30代の将来有望な若い男性と張り合ってもうまく行きません。

40代が多く利用しているマッチングアプリを利用しましょう。

条件がマッチする「婚活パーティー」

婚活パーティーは、対面して雰囲気が見られるので女性の容姿にこだわる男性には、特にオススメの方法です。

男性は年齢や年収、職業などの条件で参加できる婚活パーティーが変わってくるため、スペックに地震のある男性が有利になります。

参加する際に、対策法を念頭に置き、相手を尊重してコミュニケーションを取りましょう。

費用はかかるが「結婚相談所」も検討

少し費用は高めですが、結婚相談所も検討してみましょう。結婚相談所は、お互いの条件がマッチする結婚相手を紹介してくれるサービスです。

自分の条件は悪くない、と思うのであればチャレンジしてみてください。

第三者の目から選び紹介してもらったお相手を下に見ず、会ってくれたことに感謝しましょう。なぜなら自分同様に、相手にも断る権利があるからです。

 

条件の良し悪しを決めるのは自分ではなく、相手です。

自分では条件がいいつもりでも、相手にとってはどうでしょう?

どんなに肩書きが良くても、結婚はビジネスではありません。最後は人間性が勝つことが多い「婚活」。

今後の参考になれば幸いです。